さいたま×ZAQ 地域振興アプリ『つい、盆栽。』 Android版 提供開始

PR TIMES / 2013年1月15日 14時1分

さいたま市伝統芸術「盆栽」をテーマに地元経済を活性化、前作iPhone版から機能が大幅パワーアップ!

社団法人さいたま観光国際協会とケーブルインターネット「ZAQ(ザック=ブランド名)」を企画・運営している株式会社テクノロジーネットワークスは、さいたま市大宮盆栽美術館(所在地:埼玉県さいたま市 )監修のもと、官民連携・地域振興を目的としたAndroidアプリ『つい、盆栽。』をリリースいたしました。

≪「つい、盆栽」とは≫
ツイッターを活用し、ツイートすることで盆栽を苗から育てるスマートフォン向け無料アプリです。盆栽にツイッターで優しく話しかけながら、丁寧にお手入れしたり、デコレーションアイテムで装飾したりすることで自分だけの盆栽を育てることができます。
盆栽の監修はさいたま市大宮盆栽美術館(所在地:埼玉県さいたま市)が行い、さいたま市の各スポットとも連携している官民連携・地域振興アプリです。




前作のiPhone版は、さいたま、そして、日本のみならず、世界70以上の国々で約8万ダウンロードを記録し、国内外で多くの方々にご好評をいただきました。Android版では、ソーシャルメディアとの連携機能を強化しながら、前作以上に日本の伝統芸術を体感・共有できる内容になっております。


≪新機能・主なコンテンツ≫
 ・ 盆栽の種類がiPhone版から倍増! 育つ盆栽の種類は全21パターン (特殊盆栽は2種類)
・ 前作のtwitterに加えfacebook連携機能が追加!盆栽に話しかける(ツイート/シェアする)ことで育成
・ 友達と協力して盆栽を育成する機能が追加!
・ フィギュアや背景や盆器などで独自の装飾が可能に!
・ さいたまの観光スポットでチェックインしてアイテム入手(詳細は後述)
・ 盆栽育成に役立つお宝アイテム・盆栽を彩るスペシャルアイテムも有料販売で提供
・ さいたま市大宮盆栽美術館の貴重な盆栽ギャラリーを閲覧可能


本アプリは、さいたま市の伝統芸術「盆栽」をキーワードに、地域密着型の事業展開を行うZAQが地域連携ソリューションの一つとして展開しています。企画・開発をZAQが行い、プロモーション活動をさいたま観光国際協会と共同で行います。

前作iPhone版では、「盆栽」という伝統の地域資源と、「スマートフォン」という組み合わせが実現したことで、各メディアに取り上げていただいた他、特に、若い世代より大きな反響がありました。盆栽に関心がなかった方が鑑賞にさいたまを訪れるなど、地域振興として高い評価を得ました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング