【音楽ダウンロードに関するアンケート調査】音楽配信サービスの利用意向は3割強、「ダウンロード方式」24%、「ストリーミング方式」5%

PR TIMES / 2013年11月29日 11時28分

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、『音楽ダウンロード』に関してインターネット調査を実施し、2013年11月1日~5日に11,216件の回答を集めました。第6回目の結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/18415/

──<< TOPICS >>────────────────────────────────
■音楽ダウンロードの利用経験は4割強、そのうち直近1年以内利用者は5割強。パソコンでのダウンロード経験は無料が3割弱、有料が2割弱。スマートフォンでは有料・無料各1割弱。「iTunes Store」利用者が、経験者の2割強
■音楽配信サービス利用意向者は3割強、ダウンロード方式が24%、ストリーミング方式が5%
───────────────────────────────────────────



◆音楽を聴く時に利用する機器
 音楽を聴くときに利用する機器は、「パソコン」(48.9%)が最も多く、「デジタルオーディオプレーヤー」「カーナビ、カーオーディオ」「ラジカセ、CD、MDプレーヤー」が各2~3割で続きます。「スマートフォン」は16.0%で、2012年より増えています。10・20代では「パソコン」「デジタルオーディオプレーヤー」に次いで、3位となっています。

◆音楽ダウンロードの利用経験
 音楽ダウンロード(ストリーミング除く)の利用経験は43.1%、若年層ほど多い傾向です。「パソコンで無料ダウンロード(試聴)したことがある」は26.5%、「パソコンで有料ダウンロードしたことがある」は16.9%です。「スマートフォン」では有料・無料それぞれ1割未満、「携帯電話」は減少傾向にあります。(※今回の調査から、設問文に「曲ごとにダウンロードして再生する方式のものについて(ストリーミング方式は除く)」という注釈が入っています。)


 音楽ダウンロード経験者のうち、直近1年以内の利用者は5割強です。音楽ダウンロードで利用したサイトは「iTunes Store」(24.0%)が最も多くなっています。「直近1年以内に利用していない」は43.5%にのぼります。


◆音楽ストリーミングサービスの利用経験
 音楽ストリーミングサービス利用経験は全体の10.2%で、若年層で多くみられます。「レコチョク Best」(0.7%)が最も多くなっています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング