タグ・ホイヤーが世界で活躍する日本人テニスプレーヤー 錦織 圭とパートナーシップを締結

PR TIMES / 2012年2月14日 17時54分



Challenge rules and defy conventions. Reject the unexceptional. Think ahead, and differently. Be free-minded and rebellious to the very core. Give time a new look, a new allure. Don’t just evolve - revolutionize. In a word: innovate. In two words: Kei Nishikori. Or TAG Heuer.

ルールをうち破り慣習に挑む。凡庸に留まることを拒絶し、未来を異なる視点で見つめる。リベラルな魂と、その根本にある反逆精神。未来の新しい形、新しい魅力に満ち溢れるその姿は、単なる進化ではなく変革を起こす。一言で言えばそれは“革新”、そして“錦織 圭”と“タグ・ホイヤー”。


1860年創業のプレステージ ウォッチブランド タグ・ホイヤーは、現在ATPツアーランキング18位の世界で活躍する日本人テニスプレーヤー 錦織 圭選手とパートナーシップを締結しました。

錦織 圭選手は5歳でテニスを始め、2003年にはアメリカ フロリダへと活動拠点を移し、IMGアカデミーのトレーニングセンターにて練習に励みました。トレーニングを重ねながら、2006年全仏オープン男子ジュニアダブルス部門にて優勝を飾り、ジュニアでの活躍に幕を下ろしました。そして2007年にプロデビューを果たし、2008年のアメリカ「デルレイビーチ国際テニス選手権」では、初優勝を遂げています。その年の終わりには、アジア人で初めて“ATP ニューカマー オブ ザ イヤー”を受賞しました。翌年、右肘の故障で長期の離脱を余儀なくされましたが、2010年の「デルレイビーチ」でツアー復帰。その後、順調に世界ランキングを上げ、昨年11月にスイスのバーゼルで開催されたスイス・インドアでは、日本のテニス 男子シングル史上初となる、世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチを破る快挙を成し遂げました。そして、先日開催された全豪オープンでは、プロ解禁後、日本人男子初となるベスト8入りを果たしました。

錦織選手は14歳のころからIMGアカデミーにて生活し、トレーニングを積み重ねてきました。彼のマネージメントチームであるIMGテニスは、彼のコート外でのキャリアとプロ選手としてのパートナーシップ契約などのマネージメントを行っています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング