CNNが、アジア太平洋地域で15年連続首位を維持

PR TIMES / 2013年5月8日 17時36分

国際ニュースおよびビジネスブランドとしてナンバー1に輝く



CNNは国際ニュースおよびビジネスの分野で最も支持されているブランドであることが、最新のPan-Asia Pacific Cross Media Survey (PAX=パックス調査)で明らかになりました。この結果により、CNNは15年連続で首位を維持したことになります。

PAX調査はアジア太平洋地域の裕福な層やビジネスリーダーを対象におこなわれるもので、今回の2012年、年間調査結果をまとめた最新のデータからは、国際ニュース・ビジネス分野の接触率に関するすべての項目で首位を獲得しており、またクオリティーや信頼性においても揺るぎない地位を維持しています。


主な調査結果:

● CNNのテレビ、オンラインを含めたすべてのプラットフォームで、月間接触率において全対象者の30%へのリーチを獲得しています。これは、第2位のブランド(BBC)に比べて43%多く、第3位のブランド(CNBC)の2.4倍です。また、トップマネージメントレベルの対象者に絞ると、CNNは月間43%へのリーチを獲得しています。*

● CNNは、月間個人所得が1万米ドル以上の高所得者層においても、首位のリーチを獲得しています。

● CNNは、過去12ヶ月に海外旅行経験のある対象者において、第2位のブランドに比べて55%多い週間リーチを獲得しています。

● テレビ視聴において、CNNは、第2位のチャンネル(BBC World News)に比べて、日間で68%、週間で57%多いリーチを獲得しており、月間においては第2位のチャンネルに比べて46%、第3位のチャンネル(CNBC)に比べて倍以上多い視聴リーチを獲得しています。


オンライン分野においても、CNNはブランド力の高さが明らかとなっています。

● CNNは、国際ニュースとして最も利用されているウェブサイトで、月間において第2位のブランド(BBC.com)に比べて71%多くのユーザーを獲得しています。

● モバイルサービスにおいても、CNNは月間リーチにおいて第2位のブランド(BBC)に比べて34%多くのユーザーを獲得しています。*

● ウェブサイトとモバイルサービスを合わせたデジタルサービス総合でも、CNNは月間利用リーチにおいて第2位のブランド(BBC)に比べて48%多くのユーザーを獲得しています。*


ターナーインターナショナル・アジアパシフィックのリサーチ部門バイス・プレジデント、ダンカン・モリスのコメント:「今回の調査で注目すべき点は、各分野、項目、対象者区分けなどあらゆる角度から調査データをみても、CNNは首位を獲得しているということです。1997年にこのPAX調査が開始しましたが、CNNが継続して、量、質ともに最上級の視聴者へサービスを提供してきたことの証です。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング