【FRONTIER】コンパクトな液晶一体型パソコン「ACシリーズ」新発売

PR TIMES / 2014年7月9日 10時2分

~ mSATA SSDとHDDの同時搭載可能 ~

インバースネット株式会社(本社:神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25、代表取締役:関戸 光雄)(以下、当社)は、2014年7月9日(水)より、最大消費電力をおさえた省エネ設計の一体型パソコン「AC」シリーズの販売を開始いたします。また、新発売を記念して先着100台限定で5千円引きいたします。(2014年7月31日まで)



■製品の概要

このたび発表する新製品は、FRONTIERブランド初となる液晶一体型パソコンです。1600×900の広い表示領域を備えた19.5インチのワイド液晶は見やすく使いやすい大きさながらノートパソコンと比較しても引けを取らないコンパクトさを両立しています。
最大消費電力(※)はわずか30Wと省エネ効果が高く、前面に換気口がない設計で静音性にも優れています。
また、ストレージには安価で大容量のHDDと高速アクセスのSSDからお選びいただけ、メインドライブにmSATA SSDを搭載した場合に限り、HDDとの同時搭載も可能です。 ※弊社検証時の測定結果となります。


■製品の特長

<省エネ&静音設計>
本体の最大消費電力(※)はわずか30Wです。前面に換気口がない設計の黒いカバーで発熱だけでなく雑音も低減し、静音性にもすぐれています。
※弊社検証時の測定結果となります。

<選べるアングル>
1600×900の広い表示領域を備えた19.5インチのワイド液晶は、見やすく使いやすい大きさです。また、背面のスタンドは12°~30°で角度を調整でき、水平に置くこともできますので、利用環境に応じてお好きなアングルをお選びいただけます。

<コンパクトでスタイリッシュなデザイン>
電源、音量ボタン、各種インターフェースを側面に集約し、使いやすさにこだわったシンプルでスタイリッシュなデザインに仕上がっています。また、液晶と本体が一体の筐体は、ノートパソコンと比較しても引けを取らないコンパクト設計で置き場所を選ばずご利用いただけます。

<大容量データを高速転送できるUSB3.0対応>
USB2.0と比較して約10倍もの転送速度を実現するUSB3.0ポートに対応しています。背面に2つ、左側面に2つ装備していますので、外付けHDDとの接続も便利です。

<さまざまなメディアに対応したマルチカードリーダー>SDメモリーカード、マルチメディアカード、メモリースティックなど、さまざまなメディアに対応したマルチカードリーダーを標準搭載しています。デジタルカメラやスマートフォンで撮影した写真や動画も手軽にパソコンへ取り込めます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング