【SpiderAF】国内大手ネットワーク各社がアドフラウドリストを共有する「SHARED BLACKLIST(シェアードブラックリスト)」に株式会社ジーニーが参画

PR TIMES / 2020年8月26日 16時15分

株式会社Spider Labs(東京都港区、代表取締役社長:大月 聡子、スパイダーラボズ 以下Spider Labs)は、国内最大級のアドフラウド対策ツール「SpiderAF(スパーダーエーエフ)」のSHAREDBLACKLIST(シェアードブラックリスト以下、SBL)に 株式会社ジーニー(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:工藤智昭、以下ジーニー)が参画したことをお知らせいたします。



SBLは日本初の新しいアドフラウド対策です。Spider AFを導入かつ自社またはサービスで収集したアドフラウドの情報をSpiderLabsに提供することに賛同した事業者のみがこのブラックリストを共有できます。SBL加盟事業者「SBL MEMBERS」はインターネット広告業界の健全化を牽引し、一丸となってアドフラウドに立ち向かいます!
[画像1: https://prtimes.jp/i/31981/50/resize/d31981-50-510986-5.png ]


2019年国内のデジタル広告費は2兆1048億円(※1)に上り、テレビメディア広告費を初めて上回り急速に発展を遂げる一方、アドフラウド(※2)やブランドセーフティ(※3)といった広告の品質において、多くの課題を抱えています。Spider AFで検知したアドフラウド被害額は、半年間(2019年7月から12月)で約16.7億円となり、国内全体の被害総額はその何十倍にも及ぶと予測されています。(※4)

(※1)株式会社 電通「2019年 日本の広告費」( https://www.dentsu.co.jp/news/release/2020/0311-010027.html)
(※2)アドフラウド(広告詐欺)とは、デジタル広告配信において人間がアクセスしたように見せかけて広告を 表示させ、広告費を詐取する不正行為のこと。
(※3)ブランドセーフティとは、ブランドを毀損する不適切なページやコンテンツに広告が表示されるリスクか ら、安全性を確保する取り組み。
(※4)Spider AF「アドフラウド調査レポート2020年1月」( https://spideraf.com/adfraud-report-whitepaper-2020-01)
[画像2: https://prtimes.jp/i/31981/50/resize/d31981-50-586466-6.png ]


これまでSpider Labsは、各社にアドフラウド対策ツール「Spider AF」をご提供していましたが、それぞれの取 り組みだけでは限界がありました。SBLではアドフラウド撲滅を目指し、各サービスで収集していた情報を共有することで被害を未然に防止し、広告業界の健全化を促進する新たな取り組みです。


SBL参画のメリット


[画像3: https://prtimes.jp/i/31981/50/resize/d31981-50-428406-0.png ]

インターネット広告業界全体の基準でアドフラウド判断を審査
監視チームによる目視確認パトロールを実施することで、今まではグレーであった人為的な不正判定の審査基準を一定に保ち、アドフラウド対策やブランドセーフティにつながる安全性の確保に努めます。また広告主の様々なニーズに応えれるようアドフラウドのカテゴライズ機能を搭載しそれぞれに合わせたブランドセーフティを保つことができます。

[画像4: https://prtimes.jp/i/31981/50/resize/d31981-50-245819-1.png ]


高精度のブラックリスト
毎日何十億ものデータを解析する国内大手の広告配信事業者の参加するブラックリストで、精度の高い対策が可能です。


[画像5: https://prtimes.jp/i/31981/50/resize/d31981-50-443980-3.png ]


事前のアドフラウド対策を徹底
これまではログデータを解析後にフラウド判定を行っていましたが、情報を共有することで不正・ブランド毀損サイト/アプリかどうかを事前に確認できます。


[画像6: https://prtimes.jp/i/31981/50/resize/d31981-50-384574-2.png ]


定期開催の勉強会へご招待
最新のアドフラウド情報や技術を紹介するクローズドの勉強会を定期的に開催しています。


[画像7: https://prtimes.jp/i/31981/50/resize/d31981-50-813383-4.png ]


SBL MEMBERS マークを贈呈
SBL MEMBERS マークはSBL加盟事業者に贈呈する認証マークです。「広告業界の健全化のためアドフラウド対策を実施している」という証であり、事業活動の中でこのマークを使用することにより社内外の信頼を構築します。


■SBL MEMBERS
国内大手の広告配信事業者にご利用頂いております。
SBL MEMBERS :affitown byGMO, A dGeneration, ADroute, adstir, Cirqua,FLYWHEEL, Geniee, GMO SmaAD, i-mobile Ad network, i-mobile Affiliate, LOGLY lift, MOLOCO, nend, Smart-C, UNICORN, Zucks Ad network, Zucks Affliate(サービス名ABC順)
SBL詳細はこちらをご覧ください。( https://spideraf.com/shared-blacklist)

■ジーニーについて
ジーニーは、「テクノロジーで新しい価値を創造し、クライアントの成功を共に創る」というミッションのも と、企業の収益拡大・生産性向上など様々な課題解決につながるソリューションを開発・提供するマーケ ティングテクノロジーカンパニーです。

<会社概要>
代表者:代表取締役社長工藤 智昭
本社:東京都新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿オークタワー6 階
設立:2010年4月
資本金:1,545百万円(連結、2020年3月末現在)
従業員数:264名(連結、2020年3 月末現在)
海外拠点:シンガポール、ベトナム、インドネシア、タイ
事業内容:マーケティングテクノロジー事業 URL: https://geniee.co.jp/

【株式会社Spider Labsについて】
Spider Labs(スパイダーラボズ)は、日本発のサイバーセキュリティカンパニーです。メインサービスのアドフラウド対策ツール「Spider AF(スパイダーエーエフ)」は、デジタル広告業界への信頼を高める世界最高水準の認証機関「Trustworthy Accountability Group(TAG)」の不正防止部門から日本及びAPACで初めて認証を取得しており、より信頼性の高い世界最高水準のアドフラウド対策を提供しております。「Building a Safer and Happier future with Automation」というビジョンの元、様々なWow!を皆様に提供してまいります。
URL: https://spider-labs.com/

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社Spider Labs PR 橋本
E-mail:pr@spider-labs.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング