「All About 家電AWARD 2013年上期」 ブルーエア空気清浄機 クリーン賞を受賞!

PR TIMES / 2013年7月31日 11時43分

~ 空気清浄機部門 受賞機種 ブルーエア450E ~

ブルーエア日本総代理店セールス・オンデマンド株式会社 (本社 : 東京都新宿区/
代表取締役社長 室崎 肇)は、同社が販売する空気清浄機「ブルーエア450E」が、
総合情報サイト「All About」主催の「All About 家電AWARD 2013年上期」において、
空気清浄機部門・クリーン賞を受賞したことを発表します。



同アワードは、「All About」で記事を執筆する専門家(ガイド)が、
人気家電・4部門(LEDシーリングライト、空気清浄機、お掃除ロボット、
ホームベーカリー)よりノミネートされた全30商品の中から、機能性や
デザイン性、コストパフォーマンスなどの観点で審査し、表彰するものです。
審査は6月17日~20日の4日間、家電、住宅、料理レシピ、家事、育児など
各専門領域のガイド約40名が、実際に商品に触れる投票形式で行われました。

ブルーエア空気清浄機は0.1㎛以上の粒子を99.97%※2除去し、
8畳のお部屋もわずか2.5分※3で清浄するスピードを誇ります。
今回のアワードでは、その群を抜いた性能が評価され「クリーン賞」を受賞しました。
※ 「All About 家電AWARD 2013年上期」の詳細
URL : http://allabout.co.jp/matome/cl000000001114/


「All About 家電AWARD 2013年上期」 開催概要
【審査会開催時期】 2013年6月17日(月)~20日(木)
【審査方法】 1.読者アンケートに基づき、対象部門を決定
         2.All Aboutガイド約40名による審査会審査会場にて、
ノミネート商品にガイドが実際に触れた上で機能性、デザイン性、
コストパフォーマンス等の項目ごとに評価。集計の結果、受賞商品が決定。
【審 査 員】 All Aboutガイド約40名
(専門領域 : 家電、住宅、料理レシピ、グッズ、家事、育児など)
【表   彰】
・ ホームベーカリー部門 お得で賞・バラエティ賞・グルメ賞・技術賞
・ 空気清浄機部門 技術賞・クリーン賞・お手入れ賞・静かで賞
・ お掃除ロボット部門 お得で賞・静かで賞・多機能賞・クリーン賞
・ LEDシーリングライト部門 省エネ賞・明るいで賞・ユニーク賞・デザイン賞


● 専業メーカーならではの世界一※1頼れる「スピード空気清浄機」
ブルーエア社は、1996年の創業以来、空気清浄機の本質性能を追求している
空気清浄機の専業メーカーです。空気清浄機に特化するブルーエア社はフィル
ターも独自で研究や開発をしています。ブルーエアは、独自の特許技術※4「HEPA
Silent(R)(ヘパサイレント)テクノロジー」により、これまで両立が難しかった「ハイスピ
ード清浄」と「高い除去率」を実現しました。この技術により目詰まりがしにくく、
大風量を保ちながら空気を清浄し続けることが可能です。
その性能は、8畳をわずか2.5分※3というハイスピード清浄に加え、空気中に
漂う0.1μm以上の粒子を99.97%除去※2する高い除去能力を備えています。
「Blueair」、「ブルーエア」および「HEPA Silent(R)(ヘパサイレント)」はブルーエア社
の商標または登録商標です。
ブルーエアに関する詳細は、Webサイトをご確認ください。
(ブルーエア公式サイトURL:http://www.blueair.jp/
※1 : 米国家電製品協会(AHAM)によるクリーンエア供給性能に関する
基準CADRが、米国、フランス、スペイン、中国、シンガポール、
フィリピンで利用されていることから事実上の世界基準とする。
またブルーエア650Eはホコリ、タバコ煙、花粉の全項目でCADR
検査上限値を超える値を記録。(2011年4月現在)
※2 : Camfil社による実証データ。実際の効果は、部屋の状況や
ご使用方法により異なる。
※3 : ブルーエア650Eの「1時間あたりの最大清浄回数」より算出。
※4 : アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、スウェーデン等で特許取得済み。

セールス・オンデマンド株式会社について
セールス・オンデマンド株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長
室崎肇)は、2004年4月1日設立。
米国アイロボット社の日本総代理店として、ロボット掃除機「ルンバ」の
輸入・販売・サポートを行っています。
2010年3月からブルーエア社の日本総代理店として、スウェーデンの
高性能空気清浄機「ブルーエア」の輸入販売に力を入れています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング