ベンチマークジャパン社との業務提携で、 HTMLメール作成・配信サービス「Benchmark Email」をサーバー会員に提供。 

PR TIMES / 2013年5月16日 14時34分

WebLiFEサーバー・プレミアムコース会員は毎月1,000通まで配信可能に。



株式会社デジタルステージ(本社:東京都世田谷区、取締役会長:平野友康、代表取締役:熊崎隆人)は、株式会社ベンチマークジャパン(本社:東京都渋谷区、最高経営責任者CEOカート・ケラー、日本代表:林良亮)と業務提携し、弊社が運営するサーバーサービス「WebLiFEサーバー」(ウェブライフ・サーバー)の会員に向けて、HTMLメール作成および配信サービス「Banchmark Email」(ベンチマーク イーメール)を提供することを発表いたします。

Benchmark Emailは、顧客リスト管理ツール、500近くもの豊富なテンプレート、わかりやすいレポート機能などがついたHTMLメール作成および配信サービスで、Benchmark Internet Groupが提供し、日本国内での運営は株式会社ベンチマークジャパンが行っています。
今回の提携によって、WebLiFEサーバー・プレミアムコース会員は、Benchmark Emaiサービスを毎月1,000通の配信まで、初期費用や追加費用なく利用できるようになります。


---

【株式会社ベンチマークジャパン最高経営責任者CEOカート・ケラー氏からのコメント】
素晴らしいサービスを提供するデジタルステージ社との業務提携は、世界(グローバル)基準になっているHTMLメールの日本市場での普及のキッカケになると確信しております。
デジタルステージ社のサービスをご利用されている方に、簡単にHTMLメールが作成できるBenchmark Emailを利用しメールマーケティングの効果を実感して頂けることを望んでおります。

【株式会社デジタルステージ 代表取締役 熊崎隆人からのコメント】
全世界で10万社以上が利用しているベンチマーク社が提供するBenchmark Emailは、圧倒的な使いやすさに加えマーケティングの効果測定まで詳細に行なえるクオリティの高いサービスです。このクラウドサービスを多くのユーザーに届けることは、テキストメールがいまだ多用されている日本において大きなメリットをもたらすと考えています。弊社のサーバー事業にとってベンチマーク社との業務提携は、ホスティングサービスの枠を超えたトータルウェブサービスへの発展の第一歩になると確信しております。


これを機にWebLiFEサーバー・プレミアムコース会員には、弊社が運営する素材ダウンロードサービス「materials」を利用するためのポイントを毎月付与するなど、今後もWebLiFEサーバーはホスティングサービスにとどまらず、ネットワークを利用した積極的な情報発信のための拡張的なサービスを提供してまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング