ガイアックス、株式会社イノーバとインバウンドマーケティング支援事業で協業

PR TIMES / 2013年4月5日 15時40分

~コンテンツ作成代行サービスを強化~

株式会社ガイアックスは、BtoB企業のインバウンドマーケティング支援事業
「INBOUND」(http://inboundmarketing.jp/)において、コンテンツマーケティング支援を
行う株式会社イノーバと協業し、コンテンツ作成代行サービスを強化して参ります。





株式会社ガイアックス(本社:東京都品川区、代表執行役社長:上田祐司、証券コード
:3775 、以下ガイアックス)は、BtoB企業のインバウンドマーケティング支援事業
「INBOUND」(http://inboundmarketing.jp/)において、コンテンツマーケティング支援を
行う株式会社イノーバ(本社:東京都世田谷区、代表取締役:宗像 淳、
http://www.innova-jp.com)と協業し、コンテンツ作成代行サービスを強化して参ります。

コンテンツマーケティング支援のためのコンテンツ作成代行サービスを提供する株式会社
イノーバと協業することで、Webを活用して見込み顧客を獲得し、顧客へと育成していく
インバウンドマーケティング(※1)支援において、以下の点を強化いたします。


Webサイト内のコラムコンテンツの作成代行

ブログ記事の作成代行

ソーシャルメディア投稿文の作成代行

ウェブマガジン、ニュースサイトの運営


また、今後もガイアックスは、インバウンドマーケティングへの移行支援を推進するため
に、コンテンツ提供が可能な会社と積極的に提携を進めるなど、新たなサービスの提供を
行なってまいります。

※1: 「インバウンドマーケティング」とはWebサイトやブログ、ソーシャルメディアで
役立つ情報を提供し、自社を見つけてもらい、見込み顧客を獲得・育成して、顧客になっ
てもらうためのマーケティング手法です。


BtoB企業のインバウンドマーケティング実践の壁になるコンテンツ作成

「見つけてもらう」ことから始まるインバウンドマーケティングの一連のプロセスでは、
潜在顧客・見込み顧客に役立つコンテンツを提供することが重要です。しかし、専任の
Web担当者がいないBtoB企業ではノウハウやリソース不足により、役立つ「コンテンツ」
の作成ができず、インバウンドマーケティングを推進する上での大きな課題となってい
ます。


米国ではBtoB企業の44%がコンテンツ作成をアウトソース

日本では、コンテンツ作成をアウトソースする企業は少ないですが、インバウンドマー
ケティング/コンテンツマーケティングが大きなトレンドとなっている米国では、
2012年にはBtoB企業の44%がコンテンツ作成をアウトソースしていると回答しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング