今、働く女性に刺さるキーワードは “シンプル”

PR TIMES / 2014年5月21日 9時40分

彼女たちの約9割は「シンプルでありたい」「シンプルな自分でいたい」と思っている

“Simple Life,Simple coffee”をテーマに、女性をターゲットとしたコーヒーブランド「ルアーナ」を展開する日本コカ・コーラ株式会社(東京都港区)は、株式会社サンケイリビング新聞社(東京都千代田区)が発行するオフィスで働く女性のための情報紙「シティリビング」とともに、働く女性を対象に「彼女たちにとってのシンプル」について意識と実態を調査しました。

※当リリースのPDFはコチラから
  http://prtimes.jp/a/?f=d5157-20140519-1207.pdf



■“シンプル”という言葉をポジティブなイメージとして捉えているのは94.2%

“シンプル”と聞いて瞬時に抱くイメージはポジティブとネガティブどちらかを聞いたところ、94.2%が「ポジティブ」と回答しました。
また、あなたにとって“シンプル”とは?で当てはまるキーワード、第1位は「ムダがない」87.0%で、第2位の「効率的」56.4%とは30ポイント強、第3位の「わかりやすい」47.3%とは40ポイント弱の差がついており、働く女性の多くが、“シンプル”=“ムダがない”と捉えているようです[グラフ1]。

■約9割に“シンプル”願望!しかし、自分自身を“シンプル”だと思っているのはまだ半分強

「シンプルでありたい」「シンプルな自分でいたい」と思っている=シンプル願望があるのは87.0%[グラフ2]。それに対して、自分自身を“シンプル”だと思っているのは53.2%[グラフ3]と、願望と現状にはまだまだギャップがあるようです。ただ、自分自身を“シンプル”だと思っていない人でも4人に3人が“シンプル”願望を持っています[グラフ4]。
一方、人から「シンプルな人だね」「シンプルな生き方だね」と言われることを嬉しくないと思う人が35.5%と、人から言われると“シンプル”をネガティブに捉えてしまうことがあるようです。

※多彩なニュアンスを含む言葉なだけに、他者から言われる場合は発する人やシーンが重要。その分、理想とするイメージの中で評されると、最大のほめ言葉に。

■シンプルライフを送るなら住んでみたい場所第1位は、海外は「ハワイ」、国内は「沖縄」

海外、国内を問わず、第1位は「南の島」でした。“シンプルライフ”と“南の島”は親和性が高いことが伺えました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング