「調乳用温水器CH22シリーズ」5月下旬新発売

PR TIMES / 2014年4月4日 11時15分

お部屋に馴染むホワイト色に統一し、作業性もアップ

コンビ株式会社の100%子会社で、お母さんと赤ちゃんの外出支援事業・保育事業を行っているコンビウィズ株式会社(資本金:3,000万円、社長:鈴木一郎)は、カラーをホワイト色に統一し、作業性・メンテナンス性を向上してより使いやすくなった「調乳用温水器CH22シリーズ」を5月下旬より新発売します。価格は500,000円(+税)~700,000円(+税)で、主に商業施設・公共施設等のベビー休憩室等に向けて販売します。



調乳用温水器は育児中に外出先で調乳する際、適温(70℃以上のガイドライン※に適合)のお湯を手軽に注湯でき、大変便利です。新製品はカラーを美しいホワイトで統一、電装基盤を前方からメンテナンスできるよう改良しました。

CH22-3/-4(シンク一体タイプ)については、シンク幅を広くして水栓を中央付近に配置するなど、機器のレイアウトを変更し、水回りが使いやすくなりました。また、CH22-3/-4専用キャビネット扉はカラーを3色ご用意し、さらにお部屋の内装にコーディネートしやすくなっております(標準色以外の扉は別売となります)。

【製品概要】

シリーズ名:調乳用温水器CH22                              

品番 :CH22-1/-2(シンク併設用・単独タイプ)
CH22-3/-4(シンク一体タイプ)

カラー :ホワイト

外形寸法 :[CH22-1/-2] W325×D527×H1,398mm
[CH22-3/-4] W900×D619×H1,398mm

価格   :[CH22-1/2]¥500,000~(+税)
[CH22-3/4]¥700,000(+税)

発売日  :2014年5月下旬  

CH22-3/-4扉カラーバリエーション:ホワイト(標準)、ナチュラル、ダークブラウン
部品価格/¥68,000(+税)(標準色以外の扉は別売です)


※70℃以上のガイドライン:『乳児用調製粉乳の安全な調乳、保存及び取扱いに関するガイドライン』(2007年6月 厚生労働省告示)


製品に関するお問い合わせ :コンビウィズ株式会社 内田・麻上TEL:03-5828-763

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング