宮城県気仙沼市大島で地域の皆さまとともに2,000本を植樹

PR TIMES / 2013年9月12日 12時6分

9/22(日)「~新しい未来へ~ イオンふるさとの森づくり」を開催

イオンは9月22日(日) 、宮城県気仙沼市大島において気仙沼大島観光協会と協力し、「~新しい未来へ~ イオンふるさとの森づくり」植樹祭を開催します。

気仙沼市大島は、風光明媚な東北最大の有人島で三陸復興国立公園の中にあります。大島北部に位置する亀山からの景色は「緑の真珠」とも評され、気仙沼有数の名所として多くの観光客が訪れています。しかし、東日本大震災による火災で亀山周辺は甚大な被害を受け、多くの森が焼失しました。

このたびの植樹は、子どもたちに美しい大島の景色を伝えるとともに観光資源を再生し、気仙沼の経済活性化を応援するものです。当日は、地域の皆さまとイオングループ各社の従業員200人が参加し、地域に自生する木々約2,000本を植樹します。

イオンは、2012年に「イオン 心をつなぐプロジェクト」を立ち上げ労使一体となって継続的にさまざまな復興支援活動に取り組んでいます。このたびの植樹のほか、従業員のボランティア派遣や被災された方々の想いを伝える映画「うたごころ」の全国上映などを実施しています。

イオンは、復興への願いをカタチにするため、これからも地域の皆さまとともに緑ゆたかな東北の再生に取り組んでまいります。


▼概要

1.日時:9月22日(日)10:00~11:30
2.場所:宮城県気仙沼市大島 亀山山頂付近(亀山レストハウス付近)
3.参加人数:約200名
4.植樹本数:約2,000本
5.樹種:ケヤキ、タブ、ヤマザクラ、ヤマモミジ、ヤブツバキなど地域に自生する10種類
6.主催:イオン 心をつなぐプロジェクト
7.共催:気仙沼大島観光協会
9.主な出席者
 気仙沼市 市長 菅原 茂 様
 気仙沼大島観光協会 会長 白幡 昇一 様
 宮城県県議会議員 畠山 和純 様
 NPO法人 森は海の恋人 畠山 重篤 様
 イオン株式会社専務執行役 イオン東北代表 村上 教行

以上

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング