1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

「競合性の高い場合のキーワードプランニング手法SEOウェビナー」無料配信のお知らせ|2021年からSEO施策を開始して上位表示するテクニカルSEO戦略を公開 by S-fleage

PR TIMES / 2021年9月15日 19時45分

株式会社S-fleage(本社:京都市、代表取締役社長:永井雄一、以下S-fleage)は、デジタルマーケティング担当者様を対象に「競合性の高い場合のキーワードプランニングの具体的手法SEOウェビナー」をオンラインで限定公開いたします。
配信リンクのお申込みはこちら: https://webss.jp/seminar/event6/?utm_source=prtimes&utm_medium=keyword



[画像1: https://prtimes.jp/i/73831/51/resize/d73831-51-482297af2e5956090f5b-1.png ]

配信リンクのお申込みはこちら: https://webss.jp/seminar/event6/?utm_source=prtimes&utm_medium=keyword


本セミナーについて

SEO施策では2021年飽和状態にあり、コンテンツSEOや商品ページのテクニカルSEOなど競合性が年々高まっております。2021年6月7月と2度に分けてGoogleコアアップデートがあったように検索エンジンの評価指標も年々変化しており最新情報のキャッチアップが必要です。

本セミナーでは2021年の「後発」でも上位表示を目指すためのSEO施策の戦略について徹底解説します。
キーワード選定はSEO戦略の根幹であり、ターゲットからカスタマージャーニーを作成して検索可能性の高いキーワードを策定します。またキーワードにおける競合性を分析することにより、上位表示難易度を算出して戦略的に検索結果面で上位表示を目指すことが可能です。

具体的な競合分析の方法やキーワード選定の方法まで、惜しみなく無料配信します。
是非この機会にご視聴ください。

無料配信リンクはこちら: https://webss.jp/seminar/event6/?utm_source=prtimes&utm_medium=keyword

よくあるSEO施策の失敗例



とりあえず記事を量産する
社内に知見がないがインハウスで施策を実施して手探り状態
検索されていないキーワードで対策している
自社Webサイトでは上位表示できないキーワードで対策している


上記の中でも最もよくある失敗が、「とりあえず記事を量産する」ことです。
Google視点で低品質な記事を量産したとしても、検索エンジンに正しく情報を伝えることができず、流入数が伸びないことが多々あります。キーワードを正しく選定してSEO施策を実施する必要があります。


プログラム内容


● 第一章:Googleの検索アルゴリズム
●第二章:なぜキーワードプランニングが重要なのか
●第三章:キーワードのプランニングの流れ
●第四章:キーワードの絞り込み
●第五章:どのような手順でコンテンツを製作していくのか


上記プログラムをこれからSEO施策について情報収集したい方に向けて分かりやすく解説します。
2021年DX担当者に任命された、デジタルマーケティングの外注を検討しておりSEOについて知りたい、サイトリニューアルを考えている、メディア運用者のご担当者さまに向けたウェビナーになっております。

無料配信リンクはこちら: https://webss.jp/seminar/event6/?utm_source=prtimes&utm_medium=keyword


登壇者情報


永井 雄一(ながい ゆういち)
株式会社S-fleage(エスフレイジ)代表取締役CEO


[画像2: https://prtimes.jp/i/73831/51/resize/d73831-51-c07a3172db6b0526bd1b-0.png ]



前職は株式会社サイバーエージェントのアカウントプランナーとして国内大手企業様のWebマーケティング戦略の支援に 携わっておりました。2016年に現在の株式会社S-fleaegを起業し、S-fleageでも国内中堅大手BtoB企業様を中心とした リードジェネレーション(新規見込客創出)に強みを持って支援を行っております。京都大学大学院では経営学(MBA )を専攻し、その中でもマーケティングが専門。現在日本マーケティング学会会員。これからマーケティングを強化して いくBtoB企業様のリードジェネレーションの支援に強みを持ってます。


視聴方法

下記リンクから必要情報ご記入の上、お申込みください。

無料配信リンクはこちら: https://webss.jp/seminar/event6/?utm_source=prtimes&utm_medium=keyword

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング