ザイリンクス、2014 会計年度第 1 四半期の業績を発表、売上は前期比 9% 増に、28nm製品が好調に推移

PR TIMES / 2013年7月19日 18時21分

ザイリンクス社 (本社 : 米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ : XLNX) は 7 月 17日 (米国時間)、2014 会計年度第 1 四半期の売上が 5 億 7,900 万ドルとなり、前四半期に対し 9% の増加、前年同期比では 1% の減少となったと発表した。2014 会計年度第 1 四半期の純利益は 1 億 5,700 万ドル (希釈株 1 株当たり利益 0.56 ドル) だった。


ザイリンクスの取締役会は、普通株の発行済み株式 1 株当たり 0.25 ドルの四半期配当を行うと発表した。配当は 2013 年 8 月 7 日営業日終了時現在の株主全員に対して 2013 年 8 月 28 日付で実施される。


2014 会計年度第 1 四半期 の会計報告 (2013 年 4 ~ 6 月)
GAAP (一般会計原則による)
(1 株当たりの利益以外は百万ドル単位)


2014 年度Q1 / 2013 年度Q4 / 2013 年度Q1 / 前期比(増加率) / 前年同期比(増加率)
売上 / $579.0 / $532.2 / $582.8 / 9% / -1%
営業利益 / $192.9 / $147.2 / $164.6 / 31% / 17%
純利益 / $157.0 / $130.6 / $129.8 / 20% / 21%
1 株当たりの利益 / $0.56 / $0.47 / $0.47 / 19% / 19%


ザイリンクスの社長兼 CEO であるモーシェ ガブリエロフ (Moshe Gavrielov) は、「第 1 四半期はいくつもの面で特筆すべき成績をあげることができました。まず第 1 四半期の売上が予想を上回ったのはエンド マーケットが幅広い分野で堅調であったためで、とりわけ有線コミュニケーションと航空宇宙および防衛分野アプリケーションが力強い成長を見せてくれました。第 1 四半期の粗利益率は前四半期の 66% からさらに改善して 69% となり、当社の記録を塗り替えました。営業利益率も前四半期の 28% から 33% へ上昇しており、これは粗利益率の改善と経費削減努力の直接的な結果です。当社の 28nm プロダクトの第 1 四半期における売上は 5,000 万ドルを超え、5 つのプロダクトがいずれも力強く成長したため、ふたたび予想を上回る成績となりました。ザイリンクスは最近、半導体業界で初の 20nm プロダクトをテープアウトすることができました。当社は今後もマーケット拡大のチャンスを生み出し、PLD におけるリーダーシップを広げて行くことができると確信しています」と述べている。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング