【東洋大学】観光振興や地域づくりのための産学連携 ~東武鉄道と東洋大学による 沿線地域活性化企画第2弾~

PR TIMES / 2014年6月11日 18時17分

6月11日より、りょうもう7市の年間PRをスタート

====================================
観光振興や地域づくりのための産学連携
東武鉄道と東洋大学による 沿線地域活性化企画第2弾
6月11日より、りょうもう7市の年間PRをスタート
====================================




 東洋大学(文京区白山/学長・竹村牧男)と、東武鉄道(本社:東京都墨田区)は東武線沿線であるりょうもう7市(佐野市、館林市、伊勢崎市、桐生市、みどり市、足利市、太田市(順不同))の活性化を目指して、産学連携による取り組みを6月11日より開始いたしました。この取り組みは、昨年度本学と東武鉄道が連携して行った「ふらっと りょうもう 女子旅」に続く第2弾に相当するものです。
(第1弾の取り組み:http://www.toyo.ac.jp/site/gakuhou/leaf-6-8.html

 本取り組みでは、観光振興や地域づくり等を学ぶ東洋大学 国際地域学部 国際地域学科の女子学生が、東武線各駅(一部の駅を除く)で発売中の「ふらっと両毛 東武フリーパス」(両毛地区の電車・バスがフリー区間で乗り降り自由の乗車券)を活用した同地区の活性化策を検討したものであり、学生が現地調査のうえお勧めスポットとしてりょうもう7市を3回に分けて選定、若い女性の目線から見た各エリアの歴史・グルメ・自然の魅力などを探りながら観光・散策コースを設定し、同地区への誘客を図るものです。

 この連携で、東武鉄道のノウハウ等を参考に、東洋大学板倉キャンパスも近い両毛地区の新たな沿線誘客の可能性を検証できるほか、本学も地域活性化に関連する教育・研究の題材として実際に観光エリアの活性化策を検討できることなど、互いにメリットがあることから実現しました。


========
実施内容
========
東武沿線のりょうもう7市(佐野市、館林市、伊勢崎市、桐生市、みどり市、足利市、太田市(順不同))をそれぞれのエリアに分け、東洋大学 国際地域学部 国際地域学科の学生達が各エリアお勧めの魅力ある観光・散策コースを設定し、実際に現地を調査取材します。更に、東武鉄道と東洋大学の連携により、同大学の学生達が出演したポスターや、実際の調査に基づき、制作されたホームページやパンフレットなどを活用して同エリアをPR展開します。
調査取材は3回にわたり、1年間かけてりょうもう7市の魅力を発信していきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング