パイオニアの有機EL照明パネルが医療用照明器具に採用されました

PR TIMES / 2013年4月17日 14時16分

~カラー調色・調光型有機EL照明パネルを新たな用途に~

 パイオニアの有機EL照明パネルが、電子製品の製造・販売会社である株式会社タカハタ電子(本社:山形県米沢市、代表取締役:安房毅、以下「タカハタ電子」)の医療用照明器具の光源ユニットとして採用されました。
 当社の有機ELパネルは、世界初のカラー調色・調光型で、高輝度・高発光効率を実現した目にやさしい照明パネルです。タカハタ電子は、面発光ならではの均等でやわらかい光を発するこのパネルを採用し、医師・看護師携帯用ライトと、診療・ベッドサイド用ライトを製品化しました。
 当社は、今後も有機EL照明パネルを使ったさまざまな用途開発を推進し、有機EL照明事業を拡大していきます。




【パイオニアの有機EL照明パネルを採用したタカハタ電子の医療用照明器具】

・製品名称:ナースライト
・製品型番:LF-M1
・用途:医師・看護師携帯用
・発売予定時期:2013年夏


・製品名称:ベッドサイドライト
・製品型番:LF-M2
・用途:診療・ベッドサイド用
・発売予定時期:2013年夏

【タカハタ電子・医療用照明器具のホームページ】 http://www.tela-td.jp/index.html

※4月24日からパシフィコ横浜で開催される「メディカル&イメージングEXPO 2013」のパイオニアブースに医療用照明器具「LF-M1」「LF-M2」を出品します。

【「メディカル&イメージングEXPO 2013」概要】
・開催期間: 2013年4月24日(水)~26日(金) 10:00-17:00
・公式サイト: http://www.opie.jp/mi/
・パイオニアブース: F-10
・パイオニアブースの紹介: http://www.opie.jp/info.php?id=250&ex=

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング