日本を含む先進6ヶ国のがん患者さん、介助者、一般の方を対象としたがん治療に関する意識・実態調査

PR TIMES / 2013年7月26日 16時38分

一般の方のがん治療への理解が浸透せず、がん患者さんへ臨床試験の情報が伝わっていない可能性を示唆



日本イーライリリー株式会社(本社:兵庫県神戸市 代表執行役社長:アルフォンゾ・G・ズルエッタ 以下、日本イーライリリー)は、日本・アメリカ・イギリス・フランス・ドイツ・イタリアの6ヶ国における、がん患者さん、ご家族や友人などの介助者、一般の方の3カテゴリーを対象に、がん治療に関する意識・実態調査を実施しました。


この調査は、イーライリリーが医療従事者、患者団体等との協働を通じて、患者さんのニーズに応じた最適ながん治療をより早く提供することを目指し、がん治療への理解を促進することを目的とした、日本・アメリカ・イギリス・フランス・ドイツ・イタリアの6ヶ国で実施するプロジェクト“PACE”(Patient Access to Cancer care Excellence)の一環として行われたものです。


調査の結果、各国において、一般の方の、がん治療薬の開発期間や開発投資額に関する認識に、実態との乖離があり、がん治療への理解が浸透しているとは言えない状況が明らかになりました。また、がん患者さんに対して、新しい治療法開発のために不可欠な、臨床試験に関する情報が十分伝わっていない可能性も示唆されました。


主な調査結果は次の通りです。
■ 過去20年間のがん治療の取り組み、日本を除く国では、一般の方の約6割が「非常に満足/満足」と回答。日本は「非常に満足/満足」が低く(29%)、「どちらでもない」が高い(52%)。
■ 各国とも一般の方の6割以上が、がんの新薬が患者へ届くまでに時間がかかり過ぎていると感じている。また、日本の5割以上、アメリカの3割以上、ヨーロッパ各国の4割以上が、開発期間は9年以下と回答。
■ 各国とも一般の方の6割以上が、新薬の開発費用を、実際よりも少ないと考えている。
■ 各国のがん患者さん、介助者の多くが、がん治療における最新の話題のひとつ“個別化治療”を聞いたことがないと回答。また、6割以上が、個別化医療など、新しい治療法の選択について、患者へ十分な情報がないと感じている。
■ 各国とも、約8割のがん患者さんが、「がん治療の臨床試験に参加したことがない」。さらに、多くは、臨床試験の参加について医師と話し合ったこともない。一方で、半数以上のがん患者さん、介助者は、臨床試験の重要性については理解していると回答。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング