上手くいかない原因は、心の「根っこ」の歪みにあった!

PR TIMES / 2013年5月23日 18時1分

中経出版

株式会社中経出版(東京都千代田区)は、このたび、心理カウンセラー・心屋仁之助・著『仕事・人間関係「最近なにもかもうまくいかない」と思ったら読む本』を刊行いたします。



物事がうまくいかない原因は、考え方にあった!


性格リフォーム心理カウンセラーの心屋仁之助氏は、19年のサラリーマン経験ののち、起業して心理カウンセラーとして今日まで何千人もの様々な方の「悩み」に向かい合ってきました。

テレビに出演し、多くの芸能人にカウンセリングをしてわかったことは、芸能人の悩みも、一般人の悩みのも、多少の特殊性はあったとしても、「根っこ」は同じだということ。
悩みの「根っこ」に関しては、主婦も、学生も、OLも、経営者も、タレントも、会社員も、何も変わらないのです。

その「根っこ」とはなんでしょうか?
一言でいうと「うまくいかない考え方」です。

何もかもうまくいく人、いつも幸せそうな人、と、何もかもうまくいかない、いつもツイてない、いつもひどい目に遭う人の「差」は、能力でも、運でも、なんでもなく、ただ「考え方」だということです。
言い換えれば「うまくいかない人はうまくいかない考え方をしているからうまくいかない」ということです。


うまくいく考え方を身につけよう!


人は、自分の「考え方」ひとつで、自分の能力さえも制限し、自分の可能性さえも制限してしまう。だから自分の「うまくいく」さえも自分で制限します。
人は、そのひとだけの「うまくいかない常識」を持っているのです。
つまり、「うまくいかない」「問題が起きた」と考える時というのは「自分の中にあるうまくいかない考え方」に気づくチャンスが来たということです。

だから、問題を解決すること、とは、とても簡単なこと。
それは「うまくいかない考え方」を「うまくいく考え方」に変えるだけなのです。
ええ、冗談のようですが、本当にこれだけです。

本書では、いま「うまくいかない思考」を持ってしまっている読者に対し、
「うまくいく考え方」になれるような話を中心に、
「なにもかもうまくいかない」状態から脱出するための方法を解説します。


人間関係ごとに、「うまくいかない」考え方を解説!


はじめに――上手くいかない原因は、心の「根っこ」の歪みにあった!

1章 会社の上司・同僚・友人……「周りの人」と上手くいかない
・「自分ばっかりひどい目に会う」と思ったら… 
・周りの迷惑な人に困らされているあなたへ
・人間関係の悩み・トラブルが絶えないのは、なぜ? 
・負のスパイラルを止める、とっておきの方法 
・悪口・暴言は、こう受け止めればだいじょうぶ 
・「悪いのはあなた」と言われている気がしたら…… 

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング