どんなに困難でも、食糧を届ける ~国連WFPアジア局長・忍足謙朗(おしだりけんろう)~

PR TIMES / 2014年9月29日 14時40分

 国連WFPアジア地域局長の忍足謙朗(おしだり・けんろう)は、国連WFPに25年以上勤務し、東欧、アジア、アフリカの紛争地などで人道支援に携わってきました。その忍足がこの9月末で国連WFPを退職します。四半世紀にわたる支援活動について、忍足に話を聞きました。




- 国連WFPで支援活動に従事する中で、最も心に残った出来事はなんですか?

1999年、コソボ紛争のときです。ユーゴスラビア軍がコソボのアルバニア系住民を迫害し、80万にも及ぶ人が隣国のアルバニアやマセドニアや、コソボ内の山中などに逃れていました。NATO軍の介入により紛争がおさまり始めたとき、私は小麦を積んだトラックの車列とともに、国連WFPの支援チームの第一陣としてコソボに入りました。

まだ建物が燃えているような状況で、銃声も聞こえ、地雷の危険もあったので、最初の夜は、トラックの小麦粉の袋の上で寝ました。

次の日、山中の森に入り、そこに逃げ込んでいた人たちに対して、コソボでの初めての食糧配給を行った時のことです。私が配給の指示を出していると、6歳ぐらいの女の子が近寄ってきて、「食べ物、ありがとう」と言いながら、花束をプレゼントしてくれたのです。それは、その子が辺りの野の花を摘んでつくってくれた小さな花束でした。思いがけないプレゼントが強く心に残っています。

カンボジアの内戦が終わり、復興に携わった時のことも印象に残っています。地域の役に立つインフラを整備する工事を実施し、工事で働いた人たちに対し、給料の代わりに国連WFPが食糧を配るという形で食糧支援を実施しました。すると、工事に参加すれば食糧がもらえる、ということで、あちこちで猛烈な勢いで貯水池や道路、学校などの建設が進んだのです。たとえば、アンコールワットの遺跡のまわりの道路は、ほとんどがこの時に国連WFPの食糧支援によって建設されたものです。復興が進み、それが今でも残っていることがうれしいです。

- 今までで一番大変だった経験はなんですか?

危険な目に遭うことはそれなりにありました。銃を突きつけられたこともありますし、家に手榴弾を投げ込まれたこともあります。戦闘中の場所では、狙撃手が撃ってくるかもしれない道を、全速力で突っ切りました。でも、僕はこの仕事が大好きで、あまり大変だとは思いませんでした。

一番大変だったのは、大きな緊急支援活動を初めて立ち上げた時のことです。1999年、私は国連WFPのコソボ・バルカン半島諸国特別代表として派遣され、初めて大きな緊急支援を指揮しました。銃声の聞こえる中、全く何もないところから2週間ほどで500人のスタッフを雇い、7つの現地事務所を立ち上げたのは、大きな挑戦でした。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング