パリのブランジェリーが焼く菓子がコンセプト。ナショナルデパートがデパ地下向け新ブランドのパッケージデザインを発表。

PR TIMES / 2015年10月15日 9時59分

ナショナルデパート株式会社(本社:岡山県岡山市 代表取締役:秀島康右)は、2015年秋から2016年かけて展開するパンと菓子の新ブランドのデザインコンセプトを発表。



[画像1: http://prtimes.jp/i/9836/52/resize/d9836-52-442003-1.jpg ]



ナショナルデパートがデパ地下向けに本格的に取り組むブランドは、パリのブランジェリーが焼く菓子、をコンセプトとし、すべての菓子にパンに使用する酵母種を使用し、通常のお菓子よりも奥深い香りと、複雑な味わいを提供する。

ブランドヒストリーとして、架空のブランジェリーの物語を設定。150年の歴史のあるパリのブランジェリーが現代に至るまでにどのように変化・進化してきたか、というストーリーをパッケージのコンセプトとしています。

12年の歴史のあるひとつが5kgのパン「グランパーニュ」のパッケージは、パンの外側のビジュアルを使用した新しいパッケージに、菓子のパッケージは、ナショナルデパートのスタッフユニフォームである「旗付き帽子」のキャラクターをメインビジュアルに採用。

10月25日に工場のある岡山県玉野市の宇野港で行われれるマルシェイベント「UNOICHI」で一部商品がテスト販売され、10月中に岡山駅の直営店「NEW WORLD BAKERY」にて順次発売されます。

また、11月には東京出店のためのクラウドファンディングもおこないます。


【グランパーニュ】
パンのクラム(外側の生地)の表面の写真を大胆にレイアウトし、6種類のパンの中身が見えるようパッケージされています。

[画像2: http://prtimes.jp/i/9836/52/resize/d9836-52-864613-16.jpg ]



【焼き菓子パッケージA】
新たに発売する焼き菓子ラインは、パッケージ上にのった旗のパターンを変えることで中身の菓子の種類を表します。
[画像3: http://prtimes.jp/i/9836/52/resize/d9836-52-559324-13.jpg ]


[画像4: http://prtimes.jp/i/9836/52/resize/d9836-52-543916-11.jpg ]


[画像5: http://prtimes.jp/i/9836/52/resize/d9836-52-919533-15.jpg ]




【焼き菓子パッケージB】
現代風にアレンジされたパッケージはカラーバリエーションによって中のお菓子を表現。

[画像6: http://prtimes.jp/i/9836/52/resize/d9836-52-833834-10.jpg ]


[画像7: http://prtimes.jp/i/9836/52/resize/d9836-52-169229-12.jpg ]


[画像8: http://prtimes.jp/i/9836/52/resize/d9836-52-665824-9.jpg ]


[画像9: http://prtimes.jp/i/9836/52/resize/d9836-52-237951-14.jpg ]



【関連リンク】

新しい菓子ブランドの設定とロゴマーク設計
http://boulangerie.depa.jp/?eid=1086866

UNOICHI(10月25日テスト販売)
http://unoichi-tamano.com/


【ナショナルデパート株式会社について】
会 社 名:ナショナルデパート株式会社
代 表 者:代表取締役 秀島 康右
設 立:2007年9月
事業内容 :食品、インテリア用品、生活雑貨、服飾雑貨の企画・製造・販売。
所 在 地:〒700-0814 岡山県岡山市北区天神町9番2号
U R L: http://depa.jp/
電話番号 : 086-226-6224(FAX共通)
Facebook https://www.facebook.com/nationaldepart/
Twitter https://twitter.com/nationaldepart

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング