ハイグレードなUSB DAC機能を搭載した小型プリメインアンプ/新機能「MusicCast(R)*」にも対応したネットワークCDプレーヤー/黒鏡面ピアノフィニッシュ仕上げのブックシェルフスピーカー

PR TIMES / 2015年10月21日 15時41分

ハイレゾ音源に対応したHiFi製品3機種を新発売 プリメインアンプ 『A-U671』/ネットワークCDプレーヤー 『CD-NT670』/ブックシェルフスピーカー 『NS-BP401』

株式会社ヤマハミュージックジャパンは、ハイレゾ音源に対応した3製品、スリムでコンパクトなプリメインアンプ「A-U671」、多彩な音源に対応したネットワークCDプレーヤー「CD-NT670」、高品位・高音質なブックシェルフスピーカー「NS-BP401」を、11月中旬より全国で発売いたします。



[画像1: http://prtimes.jp/i/10414/52/resize/d10414-52-707694-1.jpg ]


▼製品情報:ヤマハ プリメインアンプ 『A-U671』
http://jp.yamaha.com/products/audio-visual/hifi-components/integrated-amplifiers/a-u671_silver__j/?nrd=120151

▼製品情報:ヤマハ ネットワークCDプレーヤー 『CD-NT670』
http://jp.yamaha.com/products/audio-visual/hifi-components/cd-players/cd-nt670_silver__j/?nrd=120151

▼製品情報:ヤマハ ブックシェルフスピーカー 『NS-BP401』
http://jp.yamaha.com/products/audio-visual/speaker-systems/bookshelf-speakers/ns-bp401_piano_black__j/?nrd=120151


<価格と発売時期>
■品名:プリメインアンプ
■モデル名:A-U671
■色:(S)シルバー
■本体価格:60,000円(税抜)

■品名:ネットワークCDプレーヤー
■モデル名:CD-NT670
■色:(S)シルバー
■本体価格:54,000円(税抜)

■品名:ブックシェルフスピーカー
■モデル名:NS-BP401
■色:(BP)ピアノブラック
■本体価格:35,000円(税抜・2台1組)

※発売時期は全て11月中旬です。

<製品の概要>
今回発売する「A-U671」は、ハイレゾ音源からアナログ音源まで、さまざまなオーディオソースを高純度な音質で楽しめるステレオプリメインアンプです。DSD5.6MHzネイティブ再生や384kHz/32bit再生に対応した高性能なUSB DAC機能を搭載し、PCオーディオ用としても使えます。「CD-NT670」は、CDプレーヤー機能と、インターネット上の音楽コンテンツやパソコン・スマートフォン・タブレット・NAS(ネットワークHDD)などに保存している音楽ライブラリーが楽しめるネットワークプレーヤー機能を兼ね備え、WAV/FLAC/AIFF 192kHz/24bitのハイレゾ音源にも対応したネットワークCDプレーヤーです。ヤマハ独自の新機能「MusicCast(R)*」にも対応し、対応機器への音楽の配信/受信や専用アプリでの快適な操作・設定が行えます。「NS-BP401」は、ヤマハのグランドピアノと同等の塗料・工程による、黒鏡面ピアノフィニッシュ仕上げのブックシェルフスピーカーです。ハイレゾ音源に対応した新設計スピーカーユニットを搭載し、超高域の再生能力と豊かな音の広がりを両立しています。さらに、3製品を接続してコンパクトHiFiコンポーネント(リモコンは非連動)としても使用でき、ハイレゾ音源をはじめさまざな音楽コンテンツを高音質で楽しめます。
*MusicCastは、モバイル端末にインストールした専用アプリ「MusicCast CONTROLLER」を使用して、MusicCast対応機器で再生している音声ソースを別の部屋のMusicCast対応機器で再生するなど、家の中のすべてのMusicCast対応機器を操作・設定できるホームオーディオネットワーク機能です。
[画像2: http://prtimes.jp/i/10414/52/resize/d10414-52-957318-2.jpg ]


<A-U671主な特長>
1.DSD5.6MHzネイティブ・PCM384kHz対応の、高性能なUSB DAC機能を搭載
DSD5.6MHz(DSD128)ネイティブ再生や384kHz/32bit再生に対応し、ハイレゾ音源を本来のクオリティで再生できるハイグレードなUSB DAC機能を搭載しています。D/Aコンバーターには米国ESSテクノロジー社製の32bit・2ch仕様の高性能な「SABRE 32」(ES9010K2M)を、USBデバイスコントローラーICには最新のXMOS社製を採用しました。アシンクロナス(非同期)転送にも対応し、ジッターノイズの発生を抑えたピュアな再生が可能です。さらに、USB DAC機能の搭載により、PCオーディオのための高品位なヘッドホンアンプとしても使用できます。

2.ハイレゾ音源を高鮮度で再生する、PWM方式のデジタルパワーアンプ
パワーアンプ部には、最大出力70W×2のハイパワーと強力なドライバビリティを生み出すデジタルパワーアンプを搭載しました。極めてシンプルな回路構成を実現したPWM方式のデジタル変調により、ナチュラルな音質と高効率を両立しています。また、音質を大きく左右するパワーアンプ部後段のローパスフィルターには、低ロス・低ひずみのOFC(無酸素銅)線材を使用した大型コイルを採用しました。低音域の力強さ、中高音域の伸びやかさを向上させ、音楽性豊かな高音質再生を実現します。さらに、トーン/バランスの各コントロールと後段バッファーアンプをバイパスし、音の純度を高める「ピュアダイレクトスイッチ」も装備しています。

3.ヤマハHiFiの上質感を受け継いだ、シンプルで高品位なデザイン
ヤマハHiFiのアイデンティティを継承する、上質なヘアライン仕上げのアルミ製フロントパネルと、ピアノブラック調仕上げのサイドパネルを採用しました。フロントパネルには、アルミ製ノブをはじめ、つまみやボタン類をシンプルに使いやすく配置し、再生中のデジタル信号フォーマットとサンプリング周波数を示す6ポイントLEDのデジタル信号インジケーターも装備しています。さらに、従来のプリメインアンプの半分以下の高さに抑えたスリムなコンパクトボディを実現し、設置性にも優れています。

【その他の主な機能】 ●金メッキ端子採用

<CD-NT670主な特長>
1.ハイレゾ音源などさまざまな音楽コンテンツが楽しめる、ネットワークプレーヤー機能
有線での接続のほかに無線LAN経由でネットワーク接続できるWi-Fi機能を内蔵し、パソコンやNAS(ネットワークHDD)などに保存している音楽ライブラリー、インターネットラジオのradiko.jpやvTuner、iOSデバイスのAirPlayなどが楽しめるネットワークプレーヤー機能を搭載しました。Bluetooth(R)にも対応し、スマートフォンやタブレット内の音楽コンテンツも手軽に楽しめます。また、WAV/FLAC/AIFF 192kHz/24bitのハイレゾ音源対応で、ライブラリー化したCDコレクションはもちろん、ダウンロードしたハイレゾ音源も、フォーマットの制約に縛られることなく本来のクオリティで再生できます。
[画像3: http://prtimes.jp/i/10414/52/resize/d10414-52-263216-3.jpg ]


2.高剛性ローダーサポートなど独自の高音質設計を採用した、CDプレーヤー機能
CDドライブメカニズムをシャーシに“面”で固定してCDドライブ自体の剛性を高め、再生時に問題となるCDドライブの不要振動を抑え込む独自の高剛性ローダーサポートを採用しました。さらに、インテリジェント・デジタルサーボ、再生中は、一倍速によるメカノイズ軽減とバッファリングによる精度の高いエラー訂正機能を併せた独自の制御によりCDの高音質を追求します。

3.新機能「MusicCast(R)」による無線でのネットワーク音源の再生や、専用アプリに対応
新機能「MusicCast」に対応し、別の部屋にあるMusicCast対応機器とワイヤレスでネットワーク接続することができ、音声を配信/受信することが可能です。専用アプリ「MusicCast CONTROLLER*1」をインストールしたスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末を使えば、複数の部屋に設置した対応機器の操作・設定などが行えます。また、専用アプリでは、端末内の音楽コンテンツのワイヤレス再生や、インターネットラジオを聴くことも可能。radiko.jp にも対応し、radiko.jpプレミアム会員登録(有料)すれば、全国*2のラジオ局の放送を受信できます。
※対応製品については当社製品サイトでご確認ください。
http://jp.yamaha.com/products/technology/musiccast__j/
*1 お手持ちのモバイル端末に、iOS版はApp Storeから、Android版はGoogle Playから無償ダウンロードしてご利用いただけます。
*2 「radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)」参加放送局に限ります。

[画像4: http://prtimes.jp/i/10414/52/resize/d10414-52-881622-4.jpg ]


4.ヤマハのHiFiで受け継がれる、シンプルで洗練された外観デザイン
上質なヘアライン仕上げのアルミ製フロントパネルと、ピアノブラック調仕上げのサイドパネルを採用しました。アルミ製ロータリーノブをはじめ、薄型ディスクトレイ、シンプルに使いやすく配置したボタン類など、ヤマハらしい洗練された外観デザインを実現しています。

【その他の主な機能】 ●フロント面にUSB端子(音楽再生はフラッシュメモリのみ/モバイル端末は充電のみ対応)を装備 ●FM補完放送を受信できるワイドFMチューナー ●金メッキ端子採用

<NS-BP401主な特長>
1.ハイレゾ音源に対応した、新設計のスピーカーユニットを搭載
13cmウーファーの振動板には、純度99%以上の純アルミ材を採用しました。軽量かつ高剛性で優れたレスポンスが得られ、楽器個々の音色の質感を高い密度で艶やかに描き出します。さらに、ピアノトリオによるジャズ演奏での各楽器の位置関係など、奥行方向まで含めた音像の自然な描写力も大きな特長です。また、3cmソフトドーム型ツィーターでは、振動板にコーティング処理と独自の成型を施し、ハイレゾ音源に対応した超高域の再生能力と豊かな音の広がりを両立しています。

2.楽器づくりのノウハウを活かした、高剛性キャビネットを実現
キャビネット強度の要となるすべての角部分を楔(くさび)の原理で結合する、「総三方留め構造」による高剛性キャビットを採用しました。楽器づくりで培ったヤマハ伝統のノウハウで、不要共振を抑える高い剛性を実現しながら、音楽に欠かせない音の響きを巧みにコントロールします。また、キャビネット内部に特殊な複合構造体を設置することで不要な振動を抑える「VCCS(Vibration Control Cabinet Structure)テクノロジー」を搭載し、スピーカーユニットから生まれる豊かな響きを濁りなくクリアに再生します。さらに、バナナプラグ対応の大型スピーカーターミナルには真鍮の削り出しパーツを使用し、伝送ロスや経年変化を抑える金メッキ処理を施しています。

3.ピアノづくりで培った、高品位な黒鏡面ピアノフィニッシュ仕上げ
ヤマハのグランドピアノと同等の塗料・工程による、黒鏡面ピアノフィニッシュ仕上げを採用しました。塗りでは、下塗り・上塗り各2回の工程それぞれで、さらに3回から4回に分けてミクロンオーダーで膜厚を制御しながら塗装を重ねるため、全工程では14回も塗装が行われます。その間の乾燥時間も厳密に管理され、塗りの各工程の前後には入念な研削や研磨を繰り返すなど、ピアノづくりで培った熟練の技を注ぎ込んでいます。


【本件に関する一般の方からのお問合せ先】
株式会社ヤマハミュージックジャパン カスタマーサポート部
お客様コミュニケーションセンター
オーディオ・ビジュアル機器ご相談窓口
〒430-8650 静岡県浜松市中区中沢町 10-1
TEL 0570-011-808(ナビダイヤル:全国どこからでも市内通話料金)
TEL 053-460-3409(上記番号でつながらない場合)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング