なぜ150秒の舞台のために、ダンス部女子は青春のすべてを賭けるのか? 日本初!「ダンス部ノート」発売!

PR TIMES / 2019年11月27日 10時55分

(株)ベストセラーズ(本社:東京都豊島区、代表取締役:小川真輔) は11月9日(土) に『ダンスク!』編集長・石原久佳の著書「ダンス部ノート」を発売致します。

2017年の「バブリーダンス」で注目を集めたように、2012年から施行された中学校でのダンス必修化によって中高生の間で「ダンス部」人気が高まっています。本書では高校ダンスの日本一を決める「ダンススタジアム」(通称ダンスタ)や「全国高等学校ダンス部選手権」(通称DCC)を目指す、全国の女子高生たちの1年間を取材。厳しい練習に臨む毎日の様子に加えて、彼女たちが不安や葛藤、気付きなどを実際に綴ったノートを見せてもらい、大会までの足跡を記しています。ダンスを通して、日々成長する彼女たちを鮮明に記録した本書に、どうぞご注目下さい。



[画像: https://prtimes.jp/i/21693/52/resize/d21693-52-626544-0.jpg ]

【contents】
01 品川女子学院(東京):伝統の女子力で勝負「品女」たちの4年半 
02 三重高等学校(三重):「謎の勢い」を作った熱血顧問とキラキラセンター 
03 千葉敬愛高等学校(千葉):「敬愛一家」が守り抜く「自主」の軌跡
04 広尾学園高等学校(東京):進学校でぶつかる二人の個性 
05 大阪府立久米田高等学校(大阪):「日本一」から「つなぐ」へ 
06 大阪市立汎愛高等学校(大阪):完全自主、喜怒哀楽「汎愛の伝統」
07 大阪府立堺西高等学校(大阪):凜とした女性らしさ「堺西」 
08 同志社香里高等学校(大阪): 3連覇へ向けて絶対王者の「絶対評価」
それぞれのダンススタジアム

【DATA】11月28日(木)発売・本体価格1,200円(税抜)・四六判並製・280ページ・ISBN:978-4584139530【Amazon】 https://www.amazon.co.jp/dp/4584139539/ ●Kindle版は11月30日(土)から配信予定

【著者】石原久佳(いしはら・ひさよし)1972年東京生まれ。日本大学卒業後、リットーミュージックにて『ベース・マガジン』『ダンス・スタイル』『ダンス・スタイル・キッズ』の編集長を歴任。J☆Dee'Z(現Jewel)をはじめとするダンス系アーティストやイベントをプロデュース。現在は株式会社ディーエスケイの代表として全国中高ダンス部を応援するフリーマガジン&ウェブ『ダンスク!』を立ち上げる。音楽的視点からのストリートダンス評論や、教育的意義としてのダンスの可能性に注目し、コンテストでの審査員やテレビ番組でのコメンテーターなども務める。著書に『ダンス部ハンドブック』(ディーエスケイ)がある。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング