成功報酬ってどういう事?日本データテクノロジーが【データ復旧料金を分かりやすく解説】

PR TIMES / 2012年8月29日 17時59分



6年連続日本一のデータ復旧件数(※)を誇る日本データテクノロジー(OGID株式会社、代表取締役:野口 誠)。同社は職人技のデータ復旧技術により累積65,000件以上のデータ復旧経験を持っている。データ復旧業界において日本を代表する世界のリーディングカンパニー。2011年度(2010年9月~2011年8月)データ復旧率95.1%(※2)は世界中から導入された多くの最先端設備と、積み上げられた職人技の復旧作業により実現された、驚異のデータ復旧率です。

日本データテクノロジーでは『1秒でも早く、1つでも多くのデータを復旧する』ことを使命に掲げ、官公庁や上場企業様を中心にデータ復旧を行っております。

【日本データテクノロジーが新料金ページ開設】

この度、データ復旧料金や、成功報酬の定義について言及した、新しい料金ページを開設致しましたのでご報告致します。

データ復旧サービスは、利用する機会が非常に少ない為、殆どの方が初めて利用される事が多いと思います。
しかし、データ復旧料金は各社計算方法が異なる為、依頼する業社によっては考えていた所とは別の項目で料金が発生してしまい、余計に費用がかかってしまう事があります。この「わかりにくさ」を解消し、お客様によりご利用頂き易いサービスになるよう、今回日本データテクノロジーでは料金ページを全面改修致しました。

弊社では、データ復旧料金を4つの要素で決めています。
1.壊れたハードディスクの総ディスク容量
2.故障箇所
3.復旧の難易度
4.復旧の工程数
以上4つです。

この他、機器の郵送台やデータ復旧用の部品料金、「成功報酬料金」の「成功報酬」の定義、支払いのタイミングなど業社によって異なる解釈やルールが多い項目について言及しています。

http://www.ino-inc.com/restore/reasonable.html

日本データテクノロジーではデータ管理体制の厳しい、官公庁・法人様でもデータを安心してお預け頂ける様、ISO27001(世界標準のセキュリティ規格)、プライバシ-マークなどの公的な規格を取得だけでなく、様々なセキュリティに対する取り組みをしております。

この度、お客様が安心してデータをお預け頂ける様、セキュリティの取り組みを弊社サイト内でご紹介させて頂いております。

http://www.ino-inc.com/hojin/index.html


その他、データ復旧サービスの詳細は、弊社ホームページ『データ復旧.com』内、をご覧下さい。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング