GDO“ゴルフ練習場ガイド”をフルリニューアル

PR TIMES / 2014年4月4日 11時15分

~今まで知ることが難しかった練習場のさまざまな情報をお届け~

■主な機能およびポイント
1) 全国1,200施設以上の練習場の検索が可能
2)練習場の豊富な情報量
3)全国を6エリアに分け「練習場からのお知らせ」スペースを設置 (※4月中旬開始予定)
4)ゴルファーのさまざまな利用シーンに合わせた検索項目を充実




インターネットで、ゴルフのワンストップ・サービス(見る・買う・行く・楽しむ)を展開する、
株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン(本社:東京都港区、代表取締役社長:石坂信也、以下GDO)は、
4月4日(金)より“ゴルフ練習場ガイド”をフルリニューアルいたしました。

■主な機能およびポイント
1)全国1,200施設以上の練習場の検索が可能
全国で約3,000施設の練習場の中で、1,200以上の施設情報を掲載。この数は、業界No.1となります(弊社調べ)。
今後も全情報を網羅すべく、掲載件数を随時増やす方針です。

2)練習場の豊富な情報量
練習場の詳細情報を約50項目掲載することにより、より細かい情報を提供します。
例)曜日別営業時間、フロア別ボール料金、レンタルクラブ、キッズスペースの有り無しなど
※現在掲載中の料金は、増税前の料金が混在している場合がございますが、2014年6月までに増税後の料金に修正予定です。

3)全国を6エリアに分け「練習場からのお知らせ」スペースを設置 (※4月中旬開始予定)
全国を6つのエリア(北海道・東北、関東・甲信越、中部、近畿、中国・四国、九州・沖縄)に分け、
試打会やキャンペーン情報、荒天時の営業時間などをエリア別に「練習場からのお知らせ」で確認できます。
※練習場は10~20kmが商圏であるため、今後は6つのエリアをより細分化することを検討中です。

4)ゴルファーのさまざまな利用シーンに合わせた検索項目を充実
<利用シーン例>
・仕事終わりに練習したい⇒おすすめ条件「深夜営業、24時間営業」で検索
・小さいお子様を預けて練習したい⇒「キッズスペースあり」で検索
・料金が安い場所で練習したい⇒「8円以下」で検索
・アプローチを練習したい⇒「アプローチ練習場」で検索

■サービスサイトURL
http://dr.golfdigest.co.jp/

■サービス開始日
2014年4月4日(金)


●補足
■練習場ガイドの現状
ゴルフ練習場利用者数は、年間のべ1億人。ゴルフ場の年間総ラウンド数9千万を上回っています。
しかし、多くのゴルファーに認知され、利用されている練習場ガイド(検索サイト)は存在しておりません。
それは一般的なゴルファーは、自宅近隣にある1~3の練習場を把握しており、
近隣以外は訪れることが少ないと考えられていたからです。
その結果、検索して探すというニーズが生まれなかったため、
広く認知される練習場ガイドが存在しなかったという状態です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング