J:COMのスマートテレビサービスを体感できるスペシャルイベントを札幌で開催!

PR TIMES / 2014年4月2日 13時29分

4月5日(土)と6日(日)にJR札幌駅西口コンコースのイベントスペースで「J:COMスマートテレビフェス’14」を開催

株式会社ジュピターテレコム(J:COM、本社:東京都千代田、代表取締役社長:牧 俊夫)と株式会社ジェイコム札幌(J:COM 札幌、本社:札幌市豊平区、代表取締役社長:古賀 祐治)は、4月5日(土)と6日(日)にJR札幌駅西口コンコースのイベントスペースで、J:COMのスマートテレビサービスを体験できるスペシャルイベント「J:COMスマートテレビフェス’14」を開催します。



イベント会場では、J:COM TVサービスの新セットトップボックス(STB)「Smart TV Box」、今年2月に登場した「Smart J:COM Box」およびタブレットを実際に操作して、新しいテレビの見かたを体験することができます。また、CMでおなじみのキャラクター“ざっくぅ”との写真撮影や、人気家電製品などのプレゼントがあたる「ざっくぅデジタルスロット抽選会」も実施します。抽選会の参加者には、もれなくざっくぅオリジナルデザインのお菓子セットをプレゼントします。さらに、イベント会場等で毎回大人気の“ざっくぅダンス”で会場全体を盛り上げます。

このイベントを通じて実際にスマートテレビサービスの使い心地を体験していただくことで、新サービスの魅力をより多くの方にお伝えしたいと考えています。3月には「J:COMスマートテレビフェス’14」を福岡、東京、大阪で実施し、大変好評でした。また、4月12日(土)と13日(日)には、仙台でも同イベントを開催予定です。

新サービスを実際に体感できるスペシャルイベントに、是非ご来場下さい。

<J:COMのスマートテレビサービスについて>
J:COMのスマートテレビサービスは、先進的なUI(ユーザインターフェース)に加え、タブレットやスマートフォンとの連携、ネット動画視聴などインターネット系サービスとの融合により、これまでのテレビ視聴のスタイルを大きく変える新しいTVサービスとして展開しています。2013年11月に、Android 4.0 を搭載したSTB「Smart TV Box」を利用するサービスを開始、今年2月からは、J:COM独自開発のセットトップボックス「Smart J:COM Box」も登場し、全国で新サービスを提供しています。5月6日(火・祝)まで、「Smart J:COM Box」の提供開始を記念した「タブレット10万台無料キャンペーン」(http://smart.jcom.co.jp/)を実施中です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング