NEXTおおいた News Letter 2020年 10月号

PR TIMES / 2020年10月9日 17時45分

大分グルメレシピ動画や別府PRムービー公開! おんせん県おおいたならでは!機能温泉浴と雪見風呂 これからが旬!おおいた自慢の海の幸!

九州・大分県は日本一の「おんせん県おおいた」の名の通り温泉の湧出量、源泉数ともに全国1位。別府や湯布院といった有名温泉目当てに毎年多くの観光客が訪れますが、魅力は温泉だけにとどまりません。知られざる絶景スポットやパワースポット、絶品グルメ等、実際に行ってみたくなることうけあいです。そんな大分県の観光や物産、芸術、文化といった旬の魅力を毎月お届けします。




おおいたのニュース/大分県のニュース
大分県産農産物をおうちで美味しく食べよう!
DELISH KITCHENでレシピ動画配信開始!

 大分県では、県産農産物を使ったレシピ動画を制作し、現在アクセスが増加しているレシピ動画「DELISH KITCHEN」での配信を9月25日から開始しました。大分食材を活かした自宅で簡単にできる料理を公開しています。9月25日に公開したレシピでは、生産量日本一を誇る「カボス」を使ったクリームパスタのレシピ動画を公開しています。12月までに全7品のレシピを公開していく予定です。
[画像1: https://prtimes.jp/i/15293/53/resize/d15293-53-303263-1.png ]


▼配信内容
[画像2: https://prtimes.jp/i/15293/53/resize/d15293-53-424320-0.jpg ]

【サイトURL】 https://delishkitchen.tv/officials/320268118968501342


別府3蜜だんご、別府ソーシャルディスタンス饅頭 10月10日販売開始!
別府温泉 おもてなし再開PR ムービー公開

 別府市は、本秋・冬の別府温泉観光を促進するキャンペーン「別府温泉 おもてなし再開」を9月23日(水)にスタートいたしました。本キャンペーンでは、別府市民と観光施設スタッフが出演する全16タイプのムービーのほか、様々なおもてなし企画を用意し、この状況でできること、別府温泉の思いをお客様にアピールしています。また、10月10日(土)から販売される別府3蜜だんごでは、別府市が誇る名物女将3人ユニットの“3蜜娘”が、地獄めぐりで有名な海地獄から3つの蜜がかかった“別府3蜜だんご”の発売をPRしています。だんごの他、別府ソーシャルディスタンス饅頭や別府おもてなし温泉たまごの動画なども公開しています。
[画像3: https://prtimes.jp/i/15293/53/resize/d15293-53-491364-2.jpg ]

【HP】 https://uzuuzu.gokuraku-jigoku-beppu.com/
【別府おもてなし再開動画】 https://www.youtube.com/watch?v=dKOaQresYfk&t=28s


おおいたの温泉/大分県の観光
別府美人の秘訣や絶景雪景色の湯も!
おんせん県おおいたがオススメする最新温泉トレンド!

■ダイエット効果を高める!別府の機能温泉浴
 機能温泉浴とは、泉質や効果の異なる温泉を組み合わせて入浴することで相乗効果を期待する入浴方法です。別府では地球上に10ある泉質のうち7つの泉質を楽しむことができます。ポイントは「続けて入浴する」「入浴する順番」の2つです。今回は代謝をアップし、ダイエット効果を高める組み合わせの機能温泉浴をご紹介します!

★1湯目:代謝をアップ! 鉄輪温泉「鉄輪むし湯」
 温泉のルーツとされる蒸し湯体験ができる「鉄輪むし湯」。サウナや岩盤浴のように浴衣を着たまま石室に横になります。敷き詰められている薬草の石菖は、和のハーブのような香りでリラックス効果もあります。蒸気に満ち、発汗作用のある蒸し湯に入れば身体のなかから老廃物が出ていき、デトックス効果が期待されます。
[画像4: https://prtimes.jp/i/15293/53/resize/d15293-53-741892-3.jpg ]

【住所】別府市鉄輪上1組
【TEL】0977-67-3880
【HP】 https://www.town.kokonoe.oita.jp/

★2湯目:身体を芯まで温めて! 竹瓦温泉「砂湯」
竹瓦温泉は明治12年創業、正面の唐破風造(からはふづくり)の豪華な屋根が特徴的な、別府温泉のシンボルです。名物の砂湯は、温泉熱で温められた砂に全身すっぽりと包まれることで、身体は芯からポカポカです。遠赤外線効果により新陳代謝を促進し、高い発汗作用が期待される別府の人気温泉です。
[画像5: https://prtimes.jp/i/15293/53/resize/d15293-53-513469-4.jpg ]

【住所】別府市上人ヶ浜
【TEL】0977-66-5737
【HP】 http://www.shinkoucenter.jp/onsen/onsen.html


■日本の冬を贅沢に。雪見風呂が楽しめる温泉街
★九重“夢”温泉郷 九重町
 九重町には個性豊かな12種類の温泉、「九重“夢”温泉郷」があります。露天風呂では四季折々の美しさをみせるくじゅう連山。山々に囲まれた九重町の温泉ならではの魅力はなんと言っても雪見風呂。雪化粧のくじゅう連山を見ながら身体を温める、冬だけの贅沢な体験ができます。
[画像6: https://prtimes.jp/i/15293/53/resize/d15293-53-176329-5.jpg ]

【九重町観光情報】 https://www.town.kokonoe.oita.jp/categories/kankou/

★由布岳を望む温泉
 2つの山頂、双耳峰をもち、その美しい佇まいから「豊後富士」とも呼ばれる由布岳は、湯布院のシンボルです。冬を迎えると、雪で白く染まる由布岳が一段と美しく映え、露天風呂につかりながら、その優美な姿を楽しむことができます。絶景を愛でながらゆったりと温泉につかれば、身も心も癒やされます。
[画像7: https://prtimes.jp/i/15293/53/resize/d15293-53-235092-6.jpg ]

【由布市まちづくり観光局】   https://yufu-tic.jp/


めぐって、つかって おんせん県おおいたキャンペーン
「ONSEN騎士団」に登録した方を対象に、大分で湯めぐりをすると大分ならではの豪華賞品が当たる期間限定のスタンプラリー企画を9月19日から開催しております。
[画像8: https://prtimes.jp/i/15293/53/resize/d15293-53-352029-7.png ]

【期間】2020年9月19日(土)~2021年2月28日(日)
【HP】 https://onsen-gastronomy.com/lp/onsenplus_oita



おおいたの特産品/大分県の食
鍋料理にピッタリの食材!
これから旬を迎える大分県自慢のふぐとかぼすブリ!

■臼杵ふぐ
 知る人ぞ知る“ふぐ処”である大分県臼杵市は、ふぐ料理屋がコンビニの数より多く、約30店舗あります。臼杵ふぐの魅力は、“厚切りのふぐ刺し”が堪能できることです。鮮度の良いふぐは薄く切ることができません。つまりその厚みが新鮮さの証です。ふぐ刺しをはじめ、ふぐちり、から揚げ、雑炊、ヒレ酒などふぐ料理の七変化で舌を満たしてくれます。冬に向けてふぐが身に脂を蓄える、水温が下がる11月頃から漁も本格化し、旬を迎えます。

[画像9: https://prtimes.jp/i/15293/53/resize/d15293-53-836195-8.jpg ]


★山田屋
 明治38年創業の「臼杵ふぐ山田屋」は、臼杵市に本店を構えるふぐの名店です。ふぐの他、豊後水道の新鮮な活魚など、四季折々の料理を提供しています。
[画像10: https://prtimes.jp/i/15293/53/resize/d15293-53-506552-9.jpg ]


■かぼすブリ
 大分県は魚の養殖も盛んで、養殖ブリの生産量は全国第2位です。主に臼杵市や津久見市、佐伯市など、豊後水道の恵まれた環境で育てられたブリは、身が締まって脂ののりが良いと評判で、“豊(とよ)の活ぶり”として大分ブランドに位置づけられています。11月から3月頃までが旬で、寒い中に体を温めてくれる“ブリしゃぶ”で食べるのがオススメです。
[画像11: https://prtimes.jp/i/15293/53/resize/d15293-53-135896-10.jpg ]


★ブリしゃぶ
 かぼすブリは脂が乗りながらも臭みが少なく、しゃぶしゃぶ後の締めまでおいしいのが魅力です。おすすめの締めはそうめん。薬味でネギ、大分県の柚子胡椒、七味をたっぷりと加え、ポン酢でさっぱりいただくことでブリの旨みが際立ちます。ブリしゃぶは臼杵市や津久見市で食べることができます。
[画像12: https://prtimes.jp/i/15293/53/resize/d15293-53-126623-11.jpg ]



《話題のトピックに迫る、大分県深堀コーナー》
湯布院にある離れ宿がSNSで話題!
Yufuin Luxury Villa zakuro

 湯布院にある1日3組限定しか宿泊できない離れ宿「Yufuin Luxury Villa zakuro」が素敵すぎるとSNSで話題です。すべての客室に源泉掛け流しの露天風呂が付いており、客室からは由布岳の景色を一望できます。豊かな由布院の自然の中で、贅沢な時間を味わえる場所となっています。
[画像13: https://prtimes.jp/i/15293/53/resize/d15293-53-145601-12.png ]

【HP】 https://www.yufuin-zakuro.company/


奥深~い 「おんせん県おおいた」を、県民が全力でオススメする
大分県の「隠れたミリョク」発見コーナー
日田市のグルメ力を伝えたい!絶品料理やお酒を紹介!

 令和2年7月豪雨で日田市、由布市、九重町、玖珠町では大きな水害による被害が出てしまいました。今は一丸となって前を向き、復興に向けて頑張っています。4市町応援特集として、今回は日田市のお勧めスポットを紹介します!

■五馬高原 森田のパン工房 らめ~る
 日田市天瀬の五馬高原にある「森田のパン工房 らめ~る」は2019年末にオープンしたパン屋です。日田市中心部から離れているにもかかわらず、次々にお客さんが訪れています。パンの中でも特に人気なものは、メロンパンです。他にもアンパン、クルミパン、チーズパンなど品数が豊富です。お客さんの中には20数個買う方もいらっしゃいました。また予約が多いパンは、食パンです。どっしりとした重量感で噛めば噛むほど小麦本来の味が感じられます。ただ一度に焼けるのは20本までのため予約必須です!
[画像14: https://prtimes.jp/i/15293/53/resize/d15293-53-395407-13.jpg ]

【住所】大分県日田市天瀬町出口723-4 
【TEL】090-7397-1046
【HP】 https://www.lamer.bonchi-hita.com/
【アクセス】大分自動車道日田ICより車で約34分

■梅酒蔵おおやま
 日田市大山町にある「奥日田温泉うめひびき」には、梅酒だけを造る全国的にも珍しい“梅酒専用蔵”である「梅酒蔵おおやま」があります。ここでは、梅酒の購入や工場見学、「My梅酒づくり体験」も楽しめます。また梅酒づくりのプロフェッショナルであるスタッフのレクチャーを受けながら、ゆっくりと試飲することができます。 また大山は「進撃の巨人」の諌山先生の故郷です。併設するギャラリーでは、「進撃の巨人」の原画やイラスト色紙、諌山氏の執筆デスクなどの展示物を無料で見学することができます。
[画像15: https://prtimes.jp/i/15293/53/resize/d15293-53-520749-14.jpg ]

【住所】大分県日田市大山町西大山4587 
【TEL】0973-52-3004 
【HP】 https://www.umehibiki.jp/umesyugura/
【アクセス】大分自動車道日田ICより車で約25分

■すてーき茶寮 和くら
「すてーき茶寮 和くら」は1917年(大正6年)築の国指定登録有形文化財に登録された蔵を改装したステーキハウスです。モダンとクラシックを融合させた空間で、旨みのぎっしり詰まった和牛の味わいを堪能できます。ランチの和くら特製ハンバーグステーキセットは、上選牛と特選牛の切り落としを使用した100%和牛ハンバーグです。シンプルに岩塩で頂くことで肉本来の味が引き立ちます。前菜の盛り合わせのプレートも手が込んでいて見た目も美しく、器に地元の小鹿田焼を使っているのも素敵です。
[画像16: https://prtimes.jp/i/15293/53/resize/d15293-53-882101-15.jpg ]

【住所】大分県日田市隈2-4-13 
【TEL】0973-24-2728
【HP】 https://www.wakura.com/
【アクセス】大分自動車道日田ICより車で約8分

■想夫恋 総本店
「想夫恋 総本店」は1957年(昭和32年)に開店した日田焼きそばの元祖。時間帯に関係なく、店内は常に大盛況。鉄板に盛られて出てくる焼きそばは本店ならではのスタイルです。具は豚肉ともやしとネギのみでシンプル。オススメは生玉子トッピングです。焼き色がしっかり付いているところは、パリパリでこんがりとした香ばしさが残ってアクセントになっています。ガツンと旨いので、どんどん食べられます。社長曰く、青いトマトを熟成させた秘伝のソースを使っているそう。豚は一頭丸ごと仕入れて様々な部位を角切りで使い、麺、もやしは自家製のものを使うなど、こだわり抜いた逸品です。また水害からの復興を願った想夫恋制作の動画「想夫恋の日田の四季」も注目!
[画像17: https://prtimes.jp/i/15293/53/resize/d15293-53-466748-16.jpg ]

【住所】大分県日田市若宮町416-1 
【TEL】0973-24-3188
【HP】 http://www.sofuren.com/
【アクセス】大分自動車道日田ICより車で約11分

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング