本音だけで書いた女性のサバイバル術「馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなたに愛をこめて書いたので読んでください。」を刊行!

PR TIMES / 2019年11月27日 10時55分

(株)ベストセラーズは11月28日(木) に福山市立大学名誉教授・藤森かよこの著書「馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなたに愛をこめて書いたので読んでください。」を発売致します。

美辞麗句で彩られた、一般的な女性向け自己啓発書とは一線を画した、異色の一冊が発売。自らを「ブスで馬鹿で貧乏」と呼ぶ著者が徹底的に考え抜き、容貌・セックス・更年期・お金などの赤裸々なテーマで、本音の自己啓発を綴ります。「苦闘青春期(三七歳まで)」「過労消耗中年期(六五歳まで)」「匍匐前進老年期(死ぬまで)」という3章を中心として、女性が幸福に生きていく上で必要な要素を解説。「馬鹿」が197回、「ブス」が154回、「貧乏」が129回登場するという、前代未聞の360ページに込められた最終回答をぜひご一読ください。



[画像: https://prtimes.jp/i/21693/53/resize/d21693-53-207322-0.jpg ]

【目次】
<長いまえがき>  本書の著者は低スペック女子の成れの果てである 低スペック女子向け自己啓発本がない たとえば本多静六著『私の財産報告』 たとえば上野千鶴子著『女たちのサバイバル作戦』 たとえば田村麻美著『ブスのマーケティング戦略』 自分で書くしかないし老後対策も必要 本書の著者の紹介 本書の構成 本書は「おすすめ本ガイド」でもある 基本はひとり 前もって書いておく大指針   1.1 容貌は女の人生を決める 1.2 仕事について 1.3 自分に正直でいることの効用 1.4 セックスについて 1.5 運のいい人間でいるために 1.6 学び続けること   2.1 中年の危機 2.2 若さとの別離としての更年期 2.3生き直しとしての更年期 2.4 依存症について 2.5 性欲について 2.6 年下の人間との関わり方を学ぶ 2.7 お金について 2.8 さらに学び続ける   3.1 日本の現代と近未来を老人受難時代にする八つの理由 3.2 馬鹿ブス貧乏女の強みが発揮される老年期 3.3 身体メンテナンス 3.4 勉強は死ぬまで死んでもする 3.5 人生最後の課題としての死への準備  <あとがき>

【DATA】
11月28日(木)発売・本体価格1,600円(税抜)・四六判並製・360ページ・ISBN:978-4584139547
【Amazon】 https://www.amazon.co.jp/dp/4584139547/ ●Kindle版は11月30日(土)から配信予定

【著者】
藤森かよこ 1953年愛知県名古屋市生まれ。福山市立大学名誉教授。元桃山学院大学教授。元祖リバータリアン(超個人主義的自由主義)である、アメリカの国民的作家であり思想家のアイン・ランド研究の第一人者。アイン・ランドの大ベストセラー『水源』、『利己主義という気概』を翻訳刊行。物事や現象の本質、または人間性の本質を鋭く突き「孤独な人間がそれでも生きていくこと」への愛にあふれた直言が人気を呼んでいる。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング