1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

きき湯ファインヒート 入浴によりシャキッとした気分*1に導く「アクティブスイッチ」8月18日 新発売

PR TIMES / 2021年7月27日 16時45分



[画像1: https://prtimes.jp/i/33185/53/resize/d33185-53-db03fb51fa4e1e8c64e1-0.jpg ]

株式会社バスクリン(本社:東京都千代田区 社長:三枚堂正悟)は、高みを目指す現代人の健康増進をサポートする入浴剤「きき湯ファインヒート」から、新しい生活様式により顕在化した、気分の切替えニーズに着目して、入浴によりシャキッとした気分*1に導く「アクティブスイッチ」を8月18日(水曜日)に新発売します。

また、ご愛顧いただいている「リセットナイト」を装い新たにリニューアル発売し、新アイテム「アクティブスイッチ」と「リセットナイト」でON*1/OFF*2のメリハリ入浴をご提案いたします。

*1:温浴効果を高め疲労回復。香りで気分リフレッシュ。 *2:温浴効果を高め疲労回復。香りで気分リラックス。


[画像2: https://prtimes.jp/i/33185/53/resize/d33185-53-9c79ae2d1729f7b1506c-1.jpg ]

【医薬部外品】


製品概要

【製品名】
きき湯ファインヒート

【アイテム名】
1.アクティブスイッチ
2.リセットナイト

【製品区分】
医薬部外品

【販売名】
1.きき湯FHアクティブスイッチA-a
2.きき湯FHリセットナイトA-a

【背景と目的】
株式会社バスクリンが行った調査では、新しい生活様式の中で、生活者の皆さまの入浴頻度は増加しており、「おうち時間」の過ごし方として、お風呂時間を楽しく過ごすニーズが顕在化しています*3。それにともない、入浴剤を新たに使い始める方も増加しています*3。当社は、そのような新規ユーザーの方を含め、すべての入浴剤ユーザーの方のファン化を目指し、多様化するニーズに応えた様々な新製品を市場に投入してまいります。

今回は、そのような新しい生活様式の中、気分のオンオフの切り替えが難しい昨今の状況に着目し、「リセットナイト」を装い新たにリニューアルするとともに、気分のリフレッシュにぴったりな新アイテム「アクティブスイッチ」を8月18日に新発売します。

気分をシャキッとON*1に導く「アクティブスイッチ」と、おやすみ前の温浴習慣で、ゆったりOFF*2がかなう「リセットナイト」で、新しい生活様式の中でもメリハリのある毎日を入浴でサポートします。ぜひお試しください。

*1:温浴効果を高め疲労回復。香りで気分リフレッシュ。 
*2:温浴効果を高め疲労回復。香りで気分リラックス。
*3:当社調べ(15~69歳男女2,000人)

【製品特長】
新提案 ON*1/OFF*2メリハリ入浴
1.<アクティブスイッチ>シャキッとON*1目覚めの温浴習慣
2.<リセットナイト>ゆったりOFF*2おやすみ前の温浴習慣

●温泉科学と生薬を組み合わせた「プレミアムEX処方」
●「超発泡!(R)」*4 ツブが勢いよく発泡し、高濃度*4炭酸ガスがすばやくお湯に溶け込みます。
●「計量タイプ」 浴槽の湯量にあわせて使用量を調節できます。
●「アクティブスイッチ」には、柑橘類に含まれる香料成分「d-リモネン」を配合
爽やかな香りで気分をリフレッシュします。

*4:きき湯食塩炭酸湯比

1.<アクティブスイッチ>
温泉科学:高濃度*4炭酸ガス
生薬:ジンジャー末(有効成分)
d-リモネン(香料成分)、メントール(清涼成分)配合。
だるい疲れ・肩こりに やる気が出ない気分に*1

2.<リセットナイト>
温泉科学:高濃度*4炭酸ガス、高配合*4食塩(温泉ミネラル、有効成分)
生薬:ジンジャー末(有効成分)
持ち越したくない疲れ・冷え症に

【香り】
1.シャープレモンの香り
2.リラックス樹木&ハーブの香り

【溶解色】
1.アクティブイエロー(透明タイプ)
2.ナイトグリーン(透明タイプ)

【容量】
ボトル400g(約8~10回分)/つめかえ用500g(約10~12回分)/分包50g(1回分)

【価格】
オープン価格

【発売日】
アクティブスイッチ:2021年8月18日(水曜日)
リセットナイト:2021年8月より順次切り替えいたします

【製品一覧】
[画像3: https://prtimes.jp/i/33185/53/resize/d33185-53-5c6e835aebd49d864692-2.jpg ]


株式会社バスクリンは「健康は、進化する。」をスローガンに、お客様の健やかで心地よい生活の提供をめざしてまいります。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング