1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

全粒粉でさらに健康的に小麦を消費

PR TIMES / 2021年10月14日 19時45分

~健康とおいしさの両方にこだわった「全粒粉焼きそば」新発売~

株式会社ベイシア(本社:群馬県前橋市、代表取締役社長:橋本浩英)は、「ベイシア 全粒粉焼きそば こく旨ソース」を、10月14日(木)よりベイシア全店(ベイシアマート除く)にて新発売いたします。日本人の1日あたりの換算熱量の約13%を占める小麦を、さらに健康的に食べることができるよう国産小麦麺に全粒粉を配合した当社オリジナルの焼きそばです。麺の太さ、製法、ソースなど随所にこだわりを持って作った逸品です。ぜひご賞味ください。



◆小麦の消費量の変化と全粒粉について
グラフは日本人1人が1年間に消費する穀類と小麦の量を表しています。穀類全体に関しては、食生活の多様化や少子高齢化、単身世帯・共働き世帯の増加等による食の簡便志向の高まりなどから、米の需要が落ちているということもあり、消費量が年々減少傾向にあります。その中で、小麦についても、消費量は年々微減しています。一方で、穀類全体の消費量に占める小麦の割合は増加しており、2016年の40.2%から2020年は41%となっており、日常生活の中で消費する穀類のうち、小麦は変わらず重きを占めています。また、2019年の「食料需給表」(農林水産省公表)によると、その年に供給された栄養量について、1人・1日あたりの熱量に換算すると、全体熱量が2,426キロカロリーで、そのうち324キロカロリーが小麦として供給されています。
全粒粉は、ブラン(表皮)や胚芽をのぞいて製粉する小麦粉と異なり、小麦を丸ごと粉状にしたもので、表皮と胚芽からくる香ばしい風味と、歯ごたえのある食感が特徴です。食物繊維も豊富に含まれ、可食部の約11%が食物繊維です(日本食品標準成分表 八訂より)。他にも、通常の小麦粉と比べ、マグネシウム、鉄分、亜鉛など日常で不足しがちなミネラルも多く含まれています。お客様の健康を考え、全粒粉の特徴を活かし、今回の商品開発に至りました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/69349/53/resize/d69349-53-e878a94f06b0eaf575bc-0.png ]

◆商品概要

[画像2: https://prtimes.jp/i/69349/53/resize/d69349-53-07969b4f4d62dd895d8c-1.jpg ]

<商品名>
ベイシア 全粒粉焼きそば こく旨ソース
<価格>
148円(税込159円)
<販売店舗>
10月14日(木)よりベイシア全店(ベイシアマート除く)にて新発売


◆商品のこだわりポイント!
こだわりその1:全粒粉の麺を活かす太さ
国産小麦を使用した麺に全粒粉を配合し、小麦本来の風味と香りが特徴で、その全粒粉の良さを活かす麺の太さにもこだわりました。極細・細・普通・中太・太麺・極太麺などあらゆる麺を研究し、全粒粉の良さである小麦の香りが感じられつつ、ぷりぷりとした麺の食感が楽しめる中太麺を採用しました。

こだわりその2:全粒粉の麺を活かす製法
どのような麺の製法が全粒粉の麺に一番適しているのか研究を重ねました。むし・ゆで・せいろ蒸しなど様々な製法を検証しました。麺を、蒸してからゆでるという製法を採用し、全粒粉を最大限に活かしたおいしさを引き出す麺に仕上げました。

こだわりその3:全粒粉の麺を活かすソース
全粒粉の風味を活かすソースにもこだわり、粉末ソースを採用。旨味やスパイスの調合を何度も繰り返し、コクがあって旨味もある、最も全粒粉の麺に合うソースをセレクトしました。

[画像3: https://prtimes.jp/i/69349/53/resize/d69349-53-6a5c85e8f4647f8dbb09-2.png ]



ベイシアは、生活に「価値」を提供できる商品やサービスの提案を通して、今後もお客様の日常に寄り添いながら多くの方に喜んでいただけるよう進化を続けてまいります。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング