アルテラとNorthwest Logic社、RLDRAM 3メモリ・インタフェース・ソリューションを共同開発

PR TIMES / 2012年11月20日 10時29分

・ハイエンド・ネットワーク・アプリケーションにおいて、
高性能 RLDRAM 3 メモリを実装した最先端 FPGA が使用可能に

プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーであるアルテラ・コーポレーション(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、社長、CEO兼会長:ジョン・デイナ、日本法人:東京都新宿区、代表取締役社長:日隈 寛和、NASDAQ:ALTR 以下、アルテラ)と、FPGA 高性能 IP のリーディング・プロバイダである Northwest Logic 社は、米国時間11月13日、ハイエンド 28nm Stratix(R) V FPGA で使用できる、ハードウェア実証済み 1,600 Mbps RLDRAM(R) 3(低レイテンシDRAM 3) メモリ・インタフェース・ソリューションの出荷開始を発表しました。

RLDRAM 3 メモリ・インタフェースは、アルテラのオートキャリブレート RLDRAM 3 UniPHY IP と Northwest Logic 社のフル機能 RLDRAM 3 コントローラ・コアを組み合わせることで、ハイエンド・ネットワーク・アプリケーションのメモリ・スループットを最大限に高めるとともに、RLDRAM 3 メモリと FPGA 間のインタフェース・デザインを大幅に簡素化するものです。アルテラと Northwest Logic 社が共同開発した RLDRAM 3 メモリ・インタフェース・ソリューションは、お客様が Micron Technology 社(以下、Micron 社)の RLDRAM 3 メモリを使って設計したハードウェア上で既に動作確認されています。

アルテラの Stratix V FPGA ファミリは、Micron 社の次世代 RLDRAM 3 メモリをサポートすべく最適化されています。Stratix V デバイスは、低レイテンシかつ高効率性を備え、FPGA 業界の中で最も高いシステム性能を提供するメモリ・アーキテクチャをサポートしています。そのため、ネットワーク機器メーカーは Stratix V FPGA を使用することで、インターネット上で音声やビデオ、データを高速にかつ効率的に転送できるようになります。

Micron 社 DRAM マーケティング担当バイスプレジデントのロバート・ヒュール(Robert Feurle)氏は、「FPGA は、増大するデータ量と変化するネットワーク・インフラストラクチャに対応するために、当社のお客様が自社のネットワーク製品を最適化するための効率的な方法を提供します。アルテラのハイエンド Stratix V FPGA と RLDRAM 3 メモリのインテグレーションは、急速に高まっているお客様のメモリ要件を満たすことができる高水準の性能を提供するものです」と述べています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング