函南町(静岡県)公式ホームページをリニューアル クラウド化により業務継続性向上、ウェブアクセシビリティJISにも準拠

PR TIMES / 2014年12月1日 11時35分



株式会社日立公共システム(本社:東京都江東区/取締役社長:建部 清美)は、函南町(静岡県)公式ホームページのリニューアルを実施し、2014年11月29日(土曜)より公開しました。
リニューアルにおいては、ホームページのアクセシビリティ(障がい者や高齢者などへの配慮)に関するJIS規格「ウェブアクセシビリティJIS(JIS X 8341-3:2010)」の等級AA(一部等級AAAの達成基準を含む)に準拠し、自治体向けCMS(コンテンツマネジメントシステム)「4Uweb(フォーユーウェブ)/CMS」を、クラウドサービスで導入しました。

http://www.hitachi-gp.co.jp/newsrelease/2014/141201.html?k=pr141201_01

函南町では、2004年にホームページをリニューアルし、多くの住民に利用されてきました。しかし、コンテンツの充実に伴いサイト構成が複雑となり、利用者の操作性・閲覧性向上や職員の作業負荷軽減などが課題となっていました。また、ウェブアクセシビリティJISへの対応や、近年重視されている災害時における可用性確保およびサーバーの運用負荷軽減についても検討されていました。

今回のリニューアルでは、災害時対策を重視し、東海地震の影響を受けにくい土地に位置するデータセンターを活用したクラウドサービスを導入しました。これにより、災害発生時のサーバーダウンを防止し、業務継続性の向上を実現しました。また、ナビゲーション・情報構成を再構築するとともに、ウェブアクセシビリティJISに対応することで、誰もが簡単かつ快適に情報にたどり着けるようになりました。PC版ホームページと同時にスマートフォン版・携帯版サイトも自動生成されるため、職員の負荷軽減にもつながっています。

デザインにおいては、「人と自然が調和するまち」をコンセプトに刷新し、町の花「はこねざくら」をモチーフとすることで函南町の魅力を表現しました。さらに、おでかけスポットやイベントの写真を紹介するスペシャルコンテンツ「おでかけかんなみ」や「イベントカレンダー」を新設したことで、より親しみを感じられるホームページとなりました。

■函南町(静岡県)公式ホームページリニューアルのポイント
1. 目的の情報に迷わずにたどり着けるナビゲーションおよび情報構成
2. ウェブアクセシビリティJISの等級AA(一部等級AAAの達成基準を含む)準拠による操作性向上
3. 緊急情報エリアの設置およびクラウドサービス導入による災害時対策の強化
4. 音声読み上げや文字拡大機能などの閲覧サポートツールの導入
5. 町の花「はこねざくら」をモチーフとしたシンプルで親しみやすいデザイン
6. スペシャルコンテンツ「おでかけかんなみ」および「イベントカレンダー」の新設
7. スマートフォン版サイトの新設

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング