トリプラがGoToトラベルキャンペーン事業「第三者機関」に登録承認~宿泊施設Web直販経由での宿泊代金割引が可能に~

PR TIMES / 2020年8月3日 17時15分

 旅行業界向けIT・AIサービスを展開するtripla株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役CEO 高橋 和久、代表取締役CTO 鳥生 格、以下「トリプラ」)は、観光庁主催「GoToトラベルキャンペーン事業」における第三者機関※の登録承認を受けたことをお知らせいたします。



[画像: https://prtimes.jp/i/19447/54/resize/d19447-54-554268-0.jpg ]


 これより、宿泊施設がトリプラの自社ホームページ向け宿泊予約システム「triplaホテルブッキング」をご利用された場合、宿泊施設のホームページ上でクーポン値引き機能 を利用し、お客様が事前に割引された料金にて予約することが可能になります。また、宿泊施設は「triplaホテルブッキング」に蓄積された予約記録をGoToキャンペーン事務局に提出することで、キャンペーンの給付申請をスムーズに行えます。
 なお、宿泊施設が給付対象となるには、施設自身がGo To トラベルキャンペーンの宿泊事業者申請を行い、その際に予約記録を宿泊施設の外部で管理でき宿泊の裏付けを行える、第三者機関の選択が必要となります。

※第三者機関とは、「宿泊事業者が直接受けた予約記録を宿泊施設の外部で管理できるシステムや団体を指し、当該記録を宿泊の事実を裏付けるものとして事務局に提出できる機関」とされています。
宿泊事業者が、旅行者からの直接予約を給付対象とする場合は、宿泊事業者が直接給付金の申請を行う場合と、第三者機関が宿泊事業者に代わり、給付金の申請を行う場合の2パターンがあり、いずれの場合も登録された第三者機関の利用が必要です。( https://biz.goto.jata-net.or.jp/yado/

 トリプラは、Go To トラベルキャンペーンの第三者機関登録承認により、「triplaホテルブッキング」 をご利用される宿泊施設において、「GoToトラベルキャンペーン事業」での自社Web予約を可能とし、収益性の高い直販予約の増加を実現します。

 トリプラは、今後も「お客様の意見をよく聞き、市場フィットしたサービスを継続的に開発する”マーケットイン”」の理念に則り旅行業界にITサービスの提供を通じて新しい価値を創造するとともに、サービスの機能改善を行ってまいります。


【tripla株式会社 概要】
本社所在地   :東京都中央区新川1-22-13 新川I&Lビル6階
会社設立    :2015年4月15日
代表取締役CEO :高橋 和久
代表取締役CTO :鳥生 格
URL      : https://corp.tripla.jp/

【SaaS型宿泊予約エンジン「triplaホテルブッキング」概要】
宿泊施設の自社公式ホームページ向けの、SaaS型宿泊予約システムです。最短4クリックで宿泊予約が完了する上、各種OTAとの料金比較を行った上で最安値で予約ができる「メタサーチ機能」など、自社予約率を向上させるための機能が搭載されています。また、宿泊施設の会員獲得を支援する「会員プログラム」機能、「ポイントプログラム」機能も追加費用なしでご利用いただけます。

【多言語AIサービス「triplaチャットボット」 概要】
フロントスタッフが電話やメールで対応していたお客様からの問い合わせに、日本語・英語・韓国語・中国簡体字・中国繁体字の5言語に対応するAIが代理で対応することで、大幅な業務削減とお客様満足度向上に貢献するサービスです。
宿泊施設の公式ホームページ上でお客様からの問い合わせへの対応と同時に宿泊予約の完了が可能となるサービスとして2017年のリリース以降、宿泊施設をはじめとする国内外約720の施設に導入されています。旅行業界向けには、業界唯一である5言語ネイティブの有人オペレーターによるサポート体制も高い評価を得ています。
2020年7月に自社開発したAIエンジンに改良を加え、セルフサービスによる機械学習トレーニング機能を搭載したことにより、あらゆる業種・業態のお問合せ対応に活用いただけるサービスとなりました。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング