アルテラ、新たなモーター制御開発フレームワークを発表~卓越したシステム統合、スケーラブルな性能、および柔軟性を実現~

PR TIMES / 2012年11月22日 12時6分

・Drive-on-a-Chip リファレンス・デザイン、ソフトウェア、IP、およびハードウェア開発ボードを搭載した
スケーラブルな FPGA ベースのモーター制御デザイン・プラットフォーム

プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーであるアルテラ・コーポレーション(本社: 米国カリフォルニア州サンノゼ、社長、CEO兼会長: ジョン・デイナ、日本法人: 東京都新宿区、代表取締役社長: 日隈 寛和、NASDAQ: ALTR 以下、アルテラ)は、米国時間11月12日、卓越したシステム統合、スケーラブルな性能、および柔軟性を実現しつつ、モーター制御システム・デザインの開発期間とリスクを大幅に削減する、新しいモーター制御開発フレームワークを発表しました。

このフレームワークには、カスタマイズ可能な単一デバイスによる多軸 Drive-on-a-Chip リファレンス・デザインとモーター制御ハードウェア開発ボード群が含まれ、システムおよびソフトウェア・デザイン技法と一体となって、次世代ドライブ・システムの多様な要件に対応します。アルテラは、2012年11月27日から29日まで、ドイツのニュルンベルクで開催される 「SPS IPS Drives」展 (ホール番号3、ブース番号405) において、当フレームワークのデモンストレーションを実施します。

当フレームワークは、アルテラの Cyclone(R) IV ならびに Cyclone V FPGA のデジタル信号処理(DSP)ハードウェアおよびソフト・エンべデッド CPU 機能、または Cyclone V SoC FPGA のハード・プロセッサ・サブシステム(HPS)に搭載されるデュアル ARM(R) Cortex(TM)-A9 MPCore(TM) プロセッサを活用して、柔軟で最適化されたハードウェア/ソフトウェア・パーティショニング機能を提供し、設計者が自社特有のエンド・アプリケーション性能ニーズを満たせるよう支援するものです。

アルテラ インダストリアル・ビジネス・ユニット担当シニアマネージャーのクリストフ・フリッツ(Christoph Fritsch)は、「アルテラのモーター制御開発フレームワークは、当社の低コスト半導体の柔軟性および性能を、モーター制御アプリケーション向けの生産性を向上させるシステムレベル・デザイン・フローに組み込むことで、理想的な高性能 Drive-on-a-Chip 実装を実現します。当社の産業用イーサネットおよび機能安全ソリューションと共に、ツール、IP、開発ボード、およびデザイン技法を含む統合化されたモーター制御ソリューションを提供することで、設計者は進化する将来のシステム要件を満たせるよう容易に拡張可能な、差異化されたドライブ・プラットフォームを速やかに開発することができます」と述べています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング