[THE SUIT COMPANY]イタリアの最高級メーカー 『カルロ バルべラ スーツコレクション』を発表

PR TIMES / 2014年3月15日 10時28分

新年度は、イタリアンスーツでさらに“上質な男”を演出!!

「THE SUIT COMPANY」だけの別注生地を用いたコラボスーツを7,000着展開



 メンズ&レディースのスーツから、カジュアルウェアまで取りそろえる、ビジネスパーソンのためのトータルファッションブランド「THE SUIT COMPANY」は、この春からの就職や衣替え、大学の入学式などでスーツを新調される方々に向けて、イタリアの最高級メーカーの一つでもある「カルロ バルべラ」とのコラボレーション企画として、「THE SUIT COMPANY」だけの別注生地を使用したスーツを7,000着展開する『カルロ バルベラ スーツコレクション』を3月15日(土)より開始します。

 「THE SUIT COMPANY」では、2014年1月下旬より「カルロ バルベラ」生地を使用したスーツを展開しており、「艶感が美しく、一目で上質という事が分かる」「肌触りが良く、着心地が抜群」などのお声を頂いております。

 1949年、イタリア・ビエラ地区に設立された「CALRO BARBERA(カルロ バルベラ)」は、エルメネジルド・ゼニア、ロロピアーナ、グアベロと並び称される4大最高級梳毛メーカーの一つとして、多くのファンに愛され続けています。
 「世界一美しい」と称される生地を生み出すカルロ バルベラの工場は、生地を洗うのに適した純粋で汚染されていない水に囲まれたモッソ渓谷の上流にあり、織物の生産には最適の場所と言われています。岩場を崩して作った地下倉庫の床下には川が流れ、一年通して気温は18℃、湿度は80%に保たれています。ここで糸を半年から一年寝かせることで、“ただの糸”から“バルベラの糸”となるのです。こうしてコンディションが整った糸は、あえて旧織り機のようなゆっくりとしたスピードで織り上げられ、大量生産による生地にはない、空気を含んだふくらみのある生地になります。

 今回使用しているSuper130’sピュアヴァージンウール生地は、ぬめりのある光沢としっとりとした手触りが特徴。生地にいろいろな色の糸を組み込んでいるため、ベーシックなカラーでも豊かな表情をお楽しみいただけます。原料に妥協はなく、どこまでも均一な長さの最高級オーストラリア産原毛を使用。ビジネスシーンで使いやすい色柄を豊富に揃え、さらに背抜き仕様で通年対応の仕立てのためロングシーズンご着用いただけるのも魅力の一つです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング