内藤忍と考える「Co-Work時代の仕事術」第1回、野口悠紀雄氏をゲストに招き開催

PR TIMES / 2013年4月30日 11時45分

提供開始一週間で200社利用の「Co-Work」が現代ビジネス夜大学の冠講座に

企業向けSNSをのべ1,500社に提供実績をもつ株式会社ガイアックスは、今年4月4日より提供開始し、一週間日で200社が利用開始したクラウド型コミュニケーションツール「Co-Work」を冠とした「内藤忍と考える「Co-Work時代の仕事術」」を、現代ビジネス夜大学(講談社「現代ビジネス」編集部主催)で開催することをお知らせいたします。



企業向けSNSをのべ1,500社に提供実績をもつ株式会社ガイアックス(本社:東京都品川区、代表執行役社長:上田祐司、証券コード:3775、以下ガイアックス)は、今年4月4日より提供するクラウド型コミュニケーションツール「Co-Work(以下コワーク)」を冠とした「内藤忍と考える「Co-Work時代の仕事術」」を、現代ビジネス夜大学(講談社「現代ビジネス」編集部主催)で開催することをお知らせいたします。

100万部発行の「超」整理法の著者で、クラウドサービスの達人、野口悠紀雄氏がゲスト

第1回目は、カテゴリわけをせず時間軸に沿って書類を並べるという画期的なの「超」整理法や、『クラウド「超」仕事法』(講談社、2011年)をはじめとする著書を通じ、Gmailをはじめとするクラウドサービスの活用を提案されている野口悠紀雄氏(早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問。一橋大学名誉教授)をゲストに迎えます。

『「超」整理法』(中公新書、1993年)は100万部発行のミリオンセラーで、その後、勉強法など様々な分野の手法を紹介しています。今年4月12日に、上梓した『「超」説得法』(講談社)が、今回のテーマにもなっております。


会社の中で個人が主体となるCo-Workを体現する内藤忍氏がモデレーター

全3回の「Co-Work時代の仕事術」のモデレーターは、早稲田大学オープンカレッジなどで講師を務める資産設計アドバイザーの内藤忍が務めます。内藤氏は「会社の『看板」ではなく、自分のキャッチフレーズで仕事ができるようになる』を標榜しており、どこでも自分の価値で仕事が通用する人を目指して活動されています。(『内藤忍の「好き」を極める仕事術』(講談社、2008年))。

内藤氏の考え方は、「Co-Work」のコンセプトやこれからの時代に不可欠であると考え、モデレーターとして進行していただきます。

4月4日のβ版提供開始一週間で200社が利用

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング