4K映像とAirPlayに対応したAVアンプ2機種を新発売

PR TIMES / 2013年4月24日 15時41分

~多様な音楽ファイルに対応し、スマートフォン連携も強化~

パイオニアは、4K映像信号の伝送や、多様な音楽ファイルに対応、スマートフォン連携など、最新の機能・技術を搭載したAVアンプ「VSA-1123」と「VSA-823」を発売します。



商 品 名 :AVアンプ

型 番 /希望小売価格(税込):VSA-1123  / 88,000円

              :VSA-823  / 56,000円

発売時期: 5月下旬

近年、4K映像に対応したTVやプロジェクター、ビデオカメラなどが市場に導入されており、高画質で映像コンテンツを楽しみたいという需要が高まっています。本機は、4K映像信号の伝送に対応し、クラス最多のHDMI端子を装備しています。また、高音質化を追求したハイパワーアンプ(VSA-1123:180W/ch、VSA-823:160W/ch)の搭載により、高音質で迫力のあるサウンドを楽しめます。WAVやFLACに加え、AppleロスレスやAIFFなどの多様な音楽ファイルのほか、最新のMHL端子の装備により、Android OS搭載のスマートフォンやタブレットからの高画質・高音質なコンテンツの再生に対応しています。充実のネットワークオーディオやインターネットラジオに対応し、専用アプリケーションをインストールしたスマートフォンによる直感的かつ快適な操作・設定が可能です。新搭載の「ECOモード」によるコンテンツ再生時の消費電力の低減や、クラス最小の待機時消費電力0.1Wを実現するなど、環境に配慮したAVアンプです。

なお、4月24日(水)より、パイオニア プラザ銀座(http://pioneer-ginza.jp)に「VSA-1123」「VSA-823」を先行展示いたします。 http://pioneer-ginza.jp/event_report/2013/04/424avvsa-1123vsa-823.html

【主な特長】
1) 高音質化を追求したハイパワーアンプを搭載
 全チャンネル192kHz/24bitDACを搭載するとともに、伝送経路の最短化や高剛性構造による制振性の向上などにより、高音質再生を実現しています。また、ハイパワー出力(VSA-1123:180W/ch、VSA-823:160W/ch)により、迫力あるサウンドを楽しめます。
◆ 高音質部品の採用に加え、独自の位相補正技術「オートフェイズコントロールプラス」やbit拡張処理技術「Hi-bit24 Audio Processing」による高音質化を実現(VSA-1123)
 電源部にオーディオ専用カスタムコンデンサーを採用するなど、厳選された高音質部品を搭載しています。また、独自開発した「オートフェイズコントロールプラス」機能を搭載し、ソースに由来する低音のズレをリアルタイムに自動補正します。上位機種で採用されている「Hi-bit24 Audio Processing」機能により、自然で滑らかな高音質再生を実現します。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング