1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

OSS「Keycloak」開発プロジェクトのメンテナに日立の社員が就任

PR TIMES / 2021年10月26日 14時45分

 株式会社日立製作所(以下、日立)のOSSソリューションセンタの乗松 隆志(のりまつ たかし)が、このたび、オープンソースソフトウェア(以下、OSS)である「Keycloak」の開発プロジェクトのメンテナに就任しました。



 Keycloakは、Webシステムにおけるユーザー管理や認証、アクセス制御など(IAM)*1を行うソフトウェアです。具体的には、Webシステムのシングルサインオンや、API公開時の認証・認可など、クラウドアプリケーションのセキュリティにおいて重要な位置づけにあり、金融や公共分野などでグローバルに活用されています。その開発を担うプロジェクトは世界各国・地域から500人以上の開発者が参画する活発なコミュニティであり、今回、このプロジェクト全体のとりまとめを行う管理者(メンテナ)に日立の社員が就任したものです。
*1: IAM:Identity and Access Management

 日立は、クラウドサービスとOSSの組み合わせでAPI管理基盤を素早く構築できる「クラウドAPI管理ソリューション」でKeycloakを利用し、お客さまのビジネスや公共サービスの迅速な拡張や安心・安全なデータ連携を支えています。

 日立は、今後もKeycloakなど各種OSSのコミュニティへ参画し、OSSと関連技術の発展や普及に貢献していきます。

Keycloakについて
KeycloakはIAMのソフトウェアとして豊富な機能を備えています。SAML・OAuth 2.0・OpenID Connectのような標準規格に準拠し、WebシステムのシングルサインオンやAPI公開時の認証・認可を実現することができます。最近は、APIの認証・認可向けの開発が加速し、グローバルの金融機関で導入が進むセキュリティ規格であるFinancial-Grade API(FAPI)にも対応しました。

乗松 隆志のプロフィール
2017年よりKeycloakの開発に参画し、APIの認証・認可のセキュリティを強化する機能を数多く開発してきました。2020年には、FAPI対応の開発を推進するFAPI-SIGのリーダーとしてグローバルの開発者をまとめ、KeycloakのFAPI対応に大きく貢献しました。また、自身が提案したソースコードも数多く採用され、その主要なリリースにおいてリリースノートに謝辞が掲載されるなど、Keycloakに多大な貢献をしています。

開発プロジェクトからのコメント
https://www.keycloak.org/2021/10/takashi.adoc.html

日立のOSSの取り組み
https://www.hitachi.co.jp/products/it/oss/index.html

日立のクラウドAPI管理ソリューション
https://www.hitachi.co.jp/products/it/harmonious/cloud/service/cloud_api/

商標注記
記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商号、商標、もしくは登録商標です。

以上

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング