ガルーダ・インドネシア航空 成田発着便、2013年8月20日よりB777-300ER型機で運航(期間限定)

PR TIMES / 2013年6月5日 10時38分



ガルーダ・インドネシア航空(本社:ジャカルタ、インドネシア 社長兼最高経営責任者:エミルシャ・サタ
ル)は、2013年8月20日(火)より成田-ジャカルタ路線および、成田-デンパサール(バリ島)路線を、B777-300ER型機にて期間限定で運航いたします。
詳細は以下の通りです。

【運航路線】
GA881/880 成田-デンパサール(バリ島) / GA880 デンパサール(バリ島)-成田
GA885/884  成田-ジャカルタ         / GA884 ジャカルタ-成田

【運航期間】
GA881/880 2013年8月20(火) - 9月19日(木) **土曜のみ、A330型機にて運航
GA885  2013年8月20(火) - 9月20日(金)
GA884  2013年8月20(火) - 9月19日(木)

【座席数】  総座席数 314席 (ファーストクラス8席・エグゼクティブクラス38席・エコノミークラス268席)

【ファーストクラス】
●個室感の高いスイートタイプ、マットレス付のフルフラットベッドシート
●シェフが機内に搭乗、 食事はインドネシア料理/和食懐石/欧風アラカルトより選択
●タッチパネル式23.5インチ液晶モニター設置及びオンデマンドオーディオビデオシステム
●機内インターネット接続(GSM及びWI-FI)無料

【エグゼクティブクラス】
●どの座席からも直接通路に出られる交互配列の座席
●フルフラットシート、座席間隔109cm
●タッチパネル式15インチ液晶モニター設置及びオンデマンドオーディオビデオシステム
●機内インターネット接続(GSM及びWI-FI)有料


ガルーダ・インドネシア航空会社について:

インドネシア共和国を代表する航空会社。会社設立1949年。日本への運航開始は1962年3月。現在、成田・羽田・関空よりインドネシアへ週28便、直行便を運航中。2013年4月現在、保有機体数は106機、平均機体年齢は5.8年。2012年の日本路線の定時運航率93.3%。インドネシアの文化や伝統をベースとした、五感で感じるインドネシア「ガルーダ・インドネシア・エクスペリエンス」がサービスコンセプト。成田・関空発便では、機内にて到着ビザの発給と入国審査が完了する「機内入国審査プログラム」を実施中。日本発着便には日本人客室乗務員が乗務し、快適な空の旅の提供に努めている。2012年スカイトラックス社(英国の格付け会社)より「The World's Best Regional Airline」 「The Best Regional Airline in Asia」受賞。ロイモーガン(オーストラリア)より「ベスト・インターナショナル・エアライン(1月・2月・7月)」を受賞。2014年のスカイチーム正式加盟及びスカイトラックスの5スター認定獲得をめざす。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング