【ホテルオークラ東京】開業50周年記念イベント ホテルオークラ「第九」コンサート開催 9/10(月)10:00よりチケット販売開始

PR TIMES / 2012年8月29日 19時16分



ホテルオークラ東京(代表取締役社長:清原當博)は2012年12月29日(土)に国内屈指の音楽ホールであるサントリーホールにて世界を舞台に活躍する音楽家と60名を越えるオーケストラ、そしてご応募された音楽ファンの方々とホテルスタッフの有志により構成された205名の合唱団によるベートーヴェン『第九(交響曲第九番 ニ短調 作品125<合唱付>)』のコンサートを開催いたします。
 4年に1度だけ開催するホテルオークラ「第九」コンサート。今年は、現在ベトナム国立交響楽団音楽監督・首席指揮者を務める本名徹次氏の指揮のもと、東京交響楽団などのコンサートマスターを務める高木和弘氏率いる特別オーケストラのほか、森麻季氏(ソプラノ)、アンナ・エイナルソン氏(アルト)、小原啓楼氏(テノール)、河野克典氏(バリトン)の4名の国内外で活躍するプロのソリストの方々をお招きいたします。

写真左より
・サントリーホールにて合唱するホテルオークラ「第九」記念合唱団
・長田雅人氏の指導のもと、練習をするホテルオークラ「第九」記念合唱団
・特設ステージを設け、毎月本館ロビーにて開催されるロビーコンサート25
・2011年度ホテルオークラ音楽賞受賞 
 チェリスト宮田 大氏(右)とピアニスト 萩原 麻未氏(左)



■ホテルオークラ「第九」記念合唱団について
 団員募集は今年の3月から開始し、ご参加いただく総勢205名(男性88名・女性117名)一般の音楽ファンと調理部門の総料理長をはじめとするホテルスタッフの有志により構成された混声合唱団です。7月4日から8月を除く毎週水曜日18:00より毎回3時間かけて長田雅人氏の合唱指導のもと、12月の本番に向けて約半年間練習を積み重ねます。本番が終了した後の充実感と、世界有数の美しい響きを誇るサントリーホールの舞台に立てることから、ご好評いただき、半数以上がホテルオークラ「第九」コンサートのリピーターの方々です。ソプラノ・アルト・テノール・バリトンに分かれ、ドイツ語の歌詞を習得し、第九を歌い上げることを目標に発声練習のほか、団員の皆様には自主練習用のCDを配布したり、ヴォイストレーナーによる発声練習を行っております。また初めての方々にも有意義にご参加していただけるようソリストの河野克典氏によるドイツ語の発音指導を含めた初級コースを設けて、合唱の練習に取り組んでいただいております。

■第6回ホテルオークラ「第九」コンサートまでの歩み
 ホテルオークラ「第九」コンサートは開業25周年を迎えた1987年に当時大阪フィルハーモニー交響楽団指揮者を務めた朝比奈千足氏のもと、新日本フィルハーモニー交響楽団を招いて開催いたしました。
 その後1996年の開業35周年を記念した第2回目のホテルオークラ「第九」コンサート開催以来、4年に1度実施してまいりました。合唱団員の方の中には初回からご参加いただいている方をはじめリピーターの方々も多く、また、指揮者の本名徹次氏には第2回開催時から指揮をしていただいております。さかのぼること16年前、第2回ホテルオークラ「第九」コンサート時に本名氏は、当時の日本ではまだ珍しかったピリオド・アプローチ(作品が生まれた当時の奏法や演奏慣習を考慮する解釈)を導入しました。第3回時(2000年)にはモダン楽器を混在させる斬新な試みを成し遂げ、さらに第4回(2004年)では進化させた形で継承され、第5回(2008年)では完全にピリオド楽器のみの演奏へ至りました。第6回ではモダン楽器のみの演奏へと新たに展開します。
 
過去のホテルオークラ「第九」コンサート
<第1回> 
開催日:1987年12月28日(月) 指揮:朝比奈 千足
オーケストラ:新日本フィルハーモニー交響楽団
ソリスト:曽我 栄子(ソプラノ)/辻 宥子(メゾ・ソプラノ)
     山路 芳久(テノール)/多田羅 廸夫(バリトン)/吉野 直子(ハープ)
合唱指揮:村谷 達也

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング