資生堂、 急拡大するインドの中間層へのビジネスを開始 ムンバイに100%子会社を設立

PR TIMES / 2013年7月22日 10時21分



資生堂は、2001年以来、代理店を通じてインドのプレステージ(高級)化粧品市場で販売していましたが、今後大きな拡大が見込まれるインドの中間所得者層を対象とした「マステージ領域」(※1)に新たに参入します。アジアを中心に12カ国・地域で展開するスキンケア・メーキャップブランド「Za(ジーエー)」を導入、商品の輸入および卸売りを専門に行う100%子会社「資生堂インド」を2013年7月4日、新たにムンバイに設立しました。
2014年4月に「Za」の販売を開始し、急拡大するインドのマステージ市場の中でも比較的価格帯が高いエリアに注力し、2014年末までに250店、4年後の2018年には1700店規模を目標に展開します。
(※1)マステージとは、「マス」と「プレステージ」をもとにした造語で「通常のマス商品よりも高級感はあるが、プレステージ商品に比べると値ごろ感がある商品領域」を指す。


【資生堂のインド市場への取り組み】
資生堂はインドにおいて2001年に現地代理店「Baccarose(バッカローズ)社」経由でプレステージ化粧品、グローバルブランド「SHISEIDO」の販売を開始、以後、高級デパート約30店で順調に売上を拡大しています。また、2002年からは当社の在仏100%子会社「Beaute Prestige International(ボーテ プレステージ インターナショナル。以下「BPI」)」が発売する「Issey Miyake(イッセイ ミヤケ)」などのデザイナーズフレグランスもBaccarose社を通じて販売を開始、現在では約120店で展開するなど、インドの富裕層に向けたビジネスを着実に推進しています。


【インド子会社設立の背景】
12億人もの人口を擁するインドは、中長期的に更なる人口増加と経済発展が期待されています(※2)。中でもマステージ市場のマーケットサイズは、既に当社が展開しているプレステージ市場の8倍程度あると推測(2011年、当社調べ)されており、当社ではインド市場への新たなアプローチを研究するために、2011年にムンバイに駐在員事務所を設立、現地の嗜好やマーケティング調査を重ねてきました。
その結果、高級百貨店などのプレステージチャネルに強いBaccarose社を通じたグローバルブランド「SHISEIDO」および「BPI」への注力は継続しつつも、より大きな成長が見込まれるマステージ市場への進出を決定すると同時に、きめ細やかで専門的なマーケティングを展開すべく、100%子会社の設立に至りました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング