ゴルフダイジェストアワード2014“GDOファン大賞”授賞は横峯さくら

PR TIMES / 2014年4月22日 12時2分

~女子ゴルフ界をけん引するトップ選手にふさわしい活躍~

“ゴルフダイジェストアワード2014”における、
第6回目となる“ゴルフダイジェスト・オンライン ファン大賞”の授賞を、
2013年のゴルフシーズンを盛り上げた横峯さくら選手といたしました。



インターネットでゴルフのワンストップ・サービス(見る・買う・行く・楽しむ)を展開する
株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン(本社:東京都港区、代表取締役社長:石坂信也、以下GDO)は、
株式会社ゴルフダイジェスト社(本社:東京都港区、代表取締役社長:木村玄一)が開催している
“ゴルフダイジェストアワード2014”※1において、
第6回目となる“ゴルフダイジェスト・オンライン ファン大賞”(以下、GDOファン大賞)の授賞を、
2013年のゴルフシーズンを盛り上げた横峯さくら選手といたしました。


●授賞理由
昨年5月の「サイバーエージェントレディスゴルフトーナメント」で、ツアー新記録となる
92試合連続予選通過を達成し、2シーズンぶりの復活優勝も果たしました。
2010年4月の「西陣レディスクラシック」から3年越しで達成したこの記録は、
8月の「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」で1打届かずに途絶え、
その数「101試合」でストップしましたが、デビュー以来、年間平均30試合を超える国内出場数で、
予選落ちはわずか6試合という安定した成績を残し続けている“人気選手”としての功績は、
日本のプロゴルフ界にとってメジャー優勝に勝るとも劣らない価値があるものと考えます。
記録ストップ後に、解き放たれたように勝ち星を重ね、森田理香子の独走だった賞金女王争いに
ファンの視線を引き戻したことも、国内女子ツアーを牽引する“トップ選手”にふさわしい活躍と、
関係者の誰もが認めるところです。女王こそ逃しましたが、出場試合での安定した成績が評価される
「メルセデス最優秀選手賞」を受賞し、文字通り、女子ゴルフの活性化でMVPの活躍が目立った1年でした。


【横峯さくら 受賞コメント】
「この度はゴルフダイジェスト・オンラインファン大賞をいただきまして、本当にありがとうございます。
自分ではまったく意識していなかったので、本当にうれしいです。今年は国内の試合だけでなく、
海外の試合にも挑戦したいと思っています。昨年よりも、もっと多くの皆さんから注目されるようなプレーを
したいと思っていますので、応援よろしくお願いします」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング