三越伊勢丹のJAPAN SENSES (ジャパン センスィズ)

PR TIMES / 2014年10月7日 16時6分

~今期は、「東北」にフォーカスし、日本の良さをご提案していきます~

会期:10月15日(水)~28日(火)   
会場:伊勢丹新宿本店、三越日本橋本店、三越銀座店

三越伊勢丹は、日本の伝統や技術が宿るモノ・コト・ヒトを百貨店という場を通じてお客さまにご紹介し、世界に通用する日本の良さを魅力的にわかりやすくお伝えすることで、新しい価値として再認識していただき、日本を元気にしていきたいと考えています。この取り組みは「ジャパン センスィズ」 と題して2011年からスタートし、伊勢丹新宿本店、三越日本橋本店、三越銀座店において、各シーズンごとに全館キャンペーンとして継続して実施しています。 2014年度のテーマは、「思いやりとやさしさ」。今期は、岩手県、青森県をはじめとした「東北」にフォーカスし、地方・地域との取り組みを強化することで、ものづくりを通じた日本の良さを改めてご提案していきます。




【伊勢丹新宿本店】独自性の高い企画で、最先鋭の冬のファッションをご提案します。
<こぎん刺し>青森県津軽地方に伝わる刺し子技法のひとつ。藍染めの野良着「こぎん(小布)」に、白い糸を刺すことで補強・保湿性を高めたのがはじまりといわれています。今回は、「こぎん刺し」をモダンにアレンジし、ファッションや小物で魅力的にご提案します。
<佐藤繊維>山形県寒河江市の紡績ニット企業で、1932年の創業以来、糸づくりから製品の製造まで一貫して自社工場で行っています。2001年には、ニューヨークでアパレルブランド<M&KYOKO>を発表。名だたる海外メゾンにも数多くの糸を提供しています。
佐藤繊維フェア  10月15日(水)~21日(火)毛糸をお買上げいただいたお客さまは、先着で指編みのニット小物作りのワークショップにご参加いただけます。19日(日)には、毛糸作家MASAKI氏が来店します。
■日時:10月18日(土)13:00~、15:00~、10月19日(日)13:00~、15:00~
■場所:本館1階婦人雑貨/プロモーション
■お問い合わせ:03-3352-1111(大代表)
<南部鉄器>岩手県盛岡市と、奥州市水沢区で作られている伝統工芸品。耐久性・堅牢性に優れ、鋳肌の独特の質感、深みのある色合いは、手作業仕上げならではのぬくもりを感じさせます。
<銀座 小十>主人 奥田透氏「岩手をまるごと味わうコース」
10月8日(水)~21日(火) 10:30~20:00/ラストオーダー19:00
※19日(日)は、セミナー開催のため12:15からの営業となります。
■本館地下1階キッチンステージ 座席:16席     
キッチンステージには、「本物の日本料理」を世界に発信する<銀座小十>の主人、奥田透氏が登場。この秋、伊勢丹の食品部のバイヤーとともに岩手県を旅した奥田氏が考案した、岩手県の食材を使った“和のコース料理”をお楽しみいただけます。岩手県の豊かな食文化と、ミシュラン三つ星を獲得した日本料理の匠によるコラボレーションです。
辰巳琢郎氏プロデュースのワインをご提供
キッチンステージでは、岩手県の山葡萄を使用した、俳優辰巳琢郎氏プロデュースのスパークリングワイン<今様>をお愉しみいただくことができます。合わせて、世界中のワインのなかから、辰巳琢郎氏がセレクトしたワインもお愉しみいただけます。
<KEITA MARUYAMA 20周年ミュージアム「丸山景観」> 
10月15日(水)~21日(火) 
■本館1階ザ・ステージ 
今年20周年を迎える<KEITAMARUYAMA>が、日本の伝統文化や技術を、丸山流にアレンジしたアイテムを多数取り揃えたステージを開催。そのほか、今までのアーカイブや生地を使用したアイテムや、人気の刺しゅうアイテムなど、ここでのみお楽しみいただける商品をご紹介します。
<MADE IN NIPPON>
10月15日(水)~28日(火) 
■本館2階センターパーク/TOKYO解放区
<ミントデザインズ>では、「MADEINNIPPON」をテーマに、日本のもの作りの現場、支えられている人たちを商品とともに紹介。またスペシャルアイテムとして、日本のサブカルチャー「漫画」の原点でもある「北斎漫画」を題材に、トップスやワンピースなどのアイテムも登場します。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング