【発売一週間を待たずして即重版!】12月新刊『行動の科学』(マイケル・ボルダック著)発売中&キャンペーン実施中!

PR TIMES / 2015年12月11日 19時44分

ブライアン・トレーシー、ジャック・キャンフィールドが大絶賛!発売記念のキャンペーンも実施中!



[画像1: http://prtimes.jp/i/9347/56/resize/d9347-56-566721-0.jpg ]



ビジネスコンサルティングの世界的権威ブライアン・トレーシー、著書累計1億部のベストセラー作家ジャック・キャンフィールドらが大絶賛する『行動の科学』(マイケル・ボルダック)が12月に発売され、1週間を待たずして重版が決まるなど、好調な売れ行きを見せています。
本書は世界No.1目標達成コーチによる圧倒的実績と実践心理学に基づいた一瞬で「やりたいこと」「やるべきこと」を「すぐやる人」になるためのメソッドを紹介。12月15日(火)までの期間限定のキャンペーンも実施中です!

【豪華特典がもらえるキャンペーンの詳細はコチラ】
http://michaelbolduc.jp/the-science-of-action/

先送りする自分をすぐやる自分に変える最強メソッド
「自分には無理」「お金がない」「つらい」「めんどくさい」
……といったあなたにブレーキをかける感情をふっ飛ばせば、夢や目標、仕事、お金、恋愛など、あらゆる報酬を手に入れられるはずです。
ところが……
◎なぜ、私たちはやりたいこと、やるべきことがわかっているのに、すぐに行動できないのか?
◎そして先送り・先延ばしをしてしまうのか?
本書では、そうした思考と行動の間にある矛盾や障害を克服し、目標という結果に向かって勝手に身体が動くレベルで「すぐやる人」になる方法をお伝えします。

行動する前にやるべきことが多すぎる?
間違いなくこの分野においてマイケル・ボルダックは卓越したスペシャリスト。
本書では彼が20年以上にわたり研究、実践してきたこと、彼の1000人を超すコーチングクライアントに指導して効果があったスキルなどを紹介しています。
もしかしたら、「“すぐやる人”になるためにはずいぶんとやることがたくさんあるんだな」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、数あるメソッドの中から気になったものを1つ、2つ実践していただくだけでも十分です。
驚きの効果を実感していただけるでしょう。実践してこそ、本書の情報はあなたの力になるのです。

【豪華特典がもらえるキャンペーンの詳細はコチラ】
http://michaelbolduc.jp/the-science-of-action/
キャンペーンは、12月15日(火)までです! この機会を逃すことなくご参加ください。

[画像2: http://prtimes.jp/i/9347/56/resize/d9347-56-147696-2.jpg ]



マイケル・ボルダック Michael Bolduc
1973年、カナダ生まれ。7歳のときに、父親が母親を殺害するという衝撃的な事件を体験。そのショックから重度の吃音症と極度の対人恐怖症となる。16歳のときには養父母の家からも追い出されて高校を中退、カネやコネはおろか、家族のサポートすら受けられないなど、絶望的な少年期を過ごす。しかし、たまたま友人に誘われて参加したセミナーをきっかけに自己変革に目覚め、吃音症を克服。その後、目標達成コーチとしてキャリアを積み、セールスの神様と呼ばれるブライアン・トレーシーから「世界No.1」と称されるまでになる。現在は南国のビーチで愛する家族とともに過ごしながら、個人コーチングやセミナー、執筆活動を通して世界中のクライアントに成功と幸せを届けている。著書に『目標達成する技術』『人を動かす技術』『達成の科学』(いずれもフォレスト出版)など。

行動の科学――先送りする自分をすぐやる自分に変える最強メソッド

[画像3: http://prtimes.jp/i/9347/56/resize/d9347-56-676003-1.jpg ]



マイケル・ボルダック 著
吉田裕澄 訳
高野内謙伍 監訳
価格/1500円+税
フォレスト出版株式会社
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4894516950/forestpublish-22/ref=nosim

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング