Salesforceとオンプレミスの柔軟な連携を実現する「ASTERIA Salesforceアダプタ」をバージョンアップ ~最新版「Summer ’12」に対応し、モバイル端末との連携を強化~

PR TIMES / 2012年6月18日 14時44分



パナソニック電工インフォメーションシステムズ株式会社(本社:大阪市北区 代表取締役社長:前川 一博、以下:パナソニック電工IS)は、株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都港区 代表取締役社長:宇陀 栄次、以下:セールスフォース・ドットコム)のクラウド型CRMサービス「Salesforce(セールスフォース)(※1)」の最新版に対応した「ASTERIA Salesforceアダプタ version2.3」を6月20日より発売いたします。

「ASTERIA Salesforceアダプタ」は、インフォテリア株式会社の提供するデータ連携ミドルウェア「ASTERIA(アステリア)(※2)」のコンポーネントとして当社が開発したものです。「ASTERIA」に導入することでSalesforceとオンプレミス(社内運用システム)との柔軟な連携を実現する商品であり、2006年4月の発売以来ご好評をいただいています。

今般のバージョンアップでは、6月10日にリリースされたSalesforceの最新版「Summer ’12」に対応しました。最新版で強化されたモバイル端末との連携にいち早く対応することで、オンプレミスとiPad、iPhone、Androidタブレットの間での情報共有がより効率的にできるようになりました。またSalesforce上では、大量データ処理は1万件までに制限されていますが、「ASTERIA Salesforceアダプタ version2.3」は1万件を超えるデータも一括処理できるようにしたことで、処理時間の短縮を実現しました。これは内部でデータを自動分割し、Salesforceに連携する機能を持たせたことによるものです。そのほか、複数オブジェクトの同時更新、ロールバック(※3)にも対応しています。

クラウドの普及に伴い、オンプレミスとの連携ニーズは業界や規模を問わず高まってきています。パナソニック電工ISでは、今後もクラウドを有効に使うためのソリューションをさらに充実させてまいります。


■「ASTERIA Salesforceアダプタ version2.3」の概要
(1)発売日       2012年6月20日
(2)価格(税抜)    80万円(ASTERIAは別途必要)
(3)目標        2012年度 30社導入


■主な特長
(1)Salesforceの最新版「Summer ’12」に対応し、オンプレミスとモバイル端末との連携を強化
 6月10日にリリースされたSalesforceの最新版「Summer ’12」に対応しました。
 「 Summer ’12 」では、SalesforceのAndroidタブレット端末向けアプリケーション「Salesforce Mobile for Android Tablets」が新たにリリースされ、情報の参照・編集が可能になるなど、モバイル端末との連携が大幅に強化されました。
 「ASTERIA Salesforceアダプタ version2.3」はこれにいち早く対応することで、オンプレミスとモバイル端末の間でのより効率的な情報共有を可能にしました。
 外出先からモバイル端末にて更新された情報をオンプレミスに取り込み、他の社内情報と連携するといった、更なる業務効率化を実現します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング