オリジナル化粧品受託製造メーカーのシーエスラボが、5回目を迎える化粧品開発展に出展

PR TIMES / 2014年10月30日 11時40分

高付加価値型の化粧品の開発を強力にサポートする支援体制を展示

化粧品OEMメーカーであるシーエスラボが、今年で第5回目を迎える化粧品開発展に出展した。
好評を博した展示内容である、高付加価値型の化粧品開発を強力にサポートする
同社の支援体制を発表する。






☆:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,*:,..,:*:,:*:,..★

ハイスペックな機器・設備の活用をさらに強化   

★*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,....*:,..,:*:*:,..☆

1. 化粧品開発展での展示ポイント

2014年10月20日から22日の3日間にわたって、東京ビッグサイトにて第5回化粧品開発展が開催された。
シーエスラボも一昨年に引き続いて出展。今回は、お客様の満足度をさらに向上してていくために、
高付加価値型の施設や機器をピックアップした展示・説明を実施。ご好評を博した。

今回の化粧品開発展での展示内容は、いまシーエスラボが目指している方向性を具現化したもの。
ポイントは以下の3つに絞られる。


1.有用性を評価するスキンラボルーム
2.微粒子化技術を取り入れたナノローション
3.オリジナル原料の開発

いずれについてもお客様の関心は高く、こうしたハイスペックの機器や設備の活用を踏まえた上での
顧客満足提供の重要性が浮き彫りになった格好だ。以下、それぞれのポイントを順を追って解説しよう。

2. 有用性を評価するスキンラボルーム

化粧品の機能を訴求する上では、化粧品の機能性に関するヒト試験による有用性の評価が欠かせない。
そこで、シーエスラボでは専用のスキンラボを開設し、化粧品の使用前と使用後の変化を客観的に
測定し評価する恒温恒湿室を導入し、お客様のニーズに応えている。

この恒温恒湿室で設定可能な温度と湿度は以下の通り。

温度 :20℃~30℃±1℃

湿度 : 40%~60%RH

一定の数値に保たれ、コントロールされた恒温恒湿室には、皮表のpH測定用のpHメーター、水分計、
油分計、肌のハリ(弾性)を測定する皮膚粘弾性測定装置、水分蒸散量測定装置、
メラニン・紅斑測定装置、皮膚拡大カメラ、皮膚の「粗さ」「しわ」「滑らかさ」の皮膚表面形態を
測定する二次元皮膚表面解析装置、といった8種類の生理データ測定装置を導入している。

女性の化粧品に関する知識や理解度は高まる一方だ。ハイスペックの機器や設備による有用性評価
の結果は、自社製品の優位性を把握し、自信を持ってお客様にお勧めできるという意味でも
化粧品を販売する上で大きなアドバンテージといえるだろう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング