IMA gallery 記念すべき第一弾展覧会「Photography Now!」 - 2014年3月15日(土)~4月20日(日)開催 -

PR TIMES / 2014年3月11日 18時55分

写真を多彩に楽しむ複合スペース「IMA CONCEPT STORE」オープン

株式会社アマナホールディングス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:進藤博信)において、“LIVING WITH PHOTOGRAPHY”をテーマに写真の楽しみ方を提案するIMAメディアプロジェクトはこの度、IMA CONCEPT STOREの記念すべきオープニング展覧会として、新進気鋭の写真家12名の作品に焦点を当てた「Photography Now!」展を開催いたします。開催期間は、店舗オープン日となる2014年3月15日(土)から、4月20日(日)までとなっております。



展覧会: 「Photography Now!」
日程: 2014年3月15日(土)~4月20日(日)
会場: IMA gallery / IMA CONCEPT STORE内
住所: 東京都港区六本木5-17-1 AXISビル3F Tel:03-5572-7144
参加作家: シェルテンス&アベネス、ジェイソン・エヴァンズ、エド・パナル、クレア・ストランド、題府基之、モーテン・ラング、インカ・リンダガード&ニクラス・ホルムストローム、西野壮平、シャルロット・デュマ、ルーク・ステファンソン、クリスティーナ・デ・ミデル、ネルホル (順不同)
※作家プロフィールをご希望される方は、下記問い合わせ先までご連絡ください。


■ 展覧会概要
近年、テクノロジーの発展が「写真」にもたらした影響ははかりしれません。カメラのデジタル化にとどま
らず、メディアの多様化は写真の役割を大きく変容させました。誰もが携帯でカメラを日々持ち歩き、膨大な数の写真を撮り、ネットワーク上で披露する。いま世界は、天文学的な数の写真に溢れています。

同時に写真を読み解く側の私たちも、意識改革の波に晒されています。誰もが写真を撮って発表できる時代において、「いい写真」とは、「美しい写真」とはなんでしょうか。この問いの答えを探すべく、写真家たちは日々新しい表現を模索しています。彼らは、従来の写真の常識を軽々と超え、この数年、ビジュアルの可能性は飛躍的に拡張しました。一方で、コンテンポラリー・フォトグラフィーという言葉の通り、新世代の写真表現は既存の写真の枠組みを抜け出し、写真をアートの領域へと押し広げていきました。なかには、「これが写真?」と疑問を投げかけたくなるようなユニークな作品もありますし、写真の地平はどこまで続いていくのだろうと思うこともしばしばです。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング