<耐震構法SE構法> 消費増税駆込効果で、構造計算、過去最高の伸び

PR TIMES / 2013年11月29日 11時28分

~来年1月のプレカット生産のピークを見据え、生産ラインも強化~

全棟構造計算書付きのSE構法を独立系住宅ビルダー、工務店による全国のSE構法登録施工店を通じて供給している株式会社エヌ・シー・エヌ(以下 NCN、URL:http://www.ncn-se.co.jp/)は、2013年10月の構造計算出荷実績が過去最高の191棟を記録したので、ここにお知らせいたします。
すでに、先月、2013年上半期の構造計算出荷実績が、過去最高を記録したことをご報告させていただきましたが、下半期の最初の月である10月、単月での構造計算実績が過去最高の191棟を記録いたしました。これまでの単月での構造計算出荷は、東日本大震災後の2011年7月の172棟でありましたが、今回の2013年10月単月で、過去最高の191棟(前年同月比112%)を記録いたしました。
こうした背景には、消費税の駆込需要もあり、SE構法登録施工店が2013年9月に請負契約が、最大4倍を記録したこともあり、次月の10月に、確認申請提出のための構造計算の依頼が集中集中したことが要因と考えられます。




全棟構造計算書付きのSE構法を独立系住宅ビルダー、工務店による全国のSE構法登録施工店を通じて供給している株式会社エヌ・シー・エヌ(以下 NCN、URL:http://www.ncn-se.co.jp/)は、2013年10月の構造計算出荷実績が過去最高の191棟を記録したので、ここにお知らせいたします。

すでに、先月、2013年上半期の構造計算出荷実績が、過去最高を記録したことをご報告させていただきましたが、下半期の最初の月である10月、単月での構造計算実績が過去最高の191棟を記録いたしました。これまでの単月での構造計算出荷は、東日本大震災後の2011年7月の172棟でありましたが、今回の2013年10月単月で、過去最高の191棟(前年同月比112%)を記録いたしました。
こうした背景には、消費税の駆込需要もあり、SE構法登録施工店が2013年9月に請負契約が、最大4倍を記録したこともあり、次月の10月に、確認申請提出のための構造計算の依頼が集中集中したことが要因と考えられます。

各ハウスメーカーも駆込み需要により、全体で120%増と好調のなか、消費増税の駆込需要後の2013年10月以降は、大幅な落ち込みが予想されますが、当面は、こうした「消費税駆込み需要効果」が続くものと予想しています。
NCNでは、消費税の駆込みによる請負契約の増加もあり、10月は構造計算を過去最高を記録しました。今後は、SE構法の構造躯体の供給、プレカット出荷のピークを1月となることが予想されることから、11月よりプレカットの生産ラインの増設を完了し、プレカット生産のピークに備えております。
今後は、お客様に安心で安全な構造躯体、耐震構法SE構法のプレカット供給に注力し、サービスの向上をおこなってまいります。
今後もこうした動きがあれば、ご報告させていただきますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング