今すぐ“活きる/使える”ヒゲ講座を開催! デザインヒゲは立体感と横顔が決めて!ヒゲの手入れやシェービングなど理髪師のスキルを伝授!

PR TIMES / 2014年7月4日 12時14分

<スマートシェービング倶楽部/第二回ワークショップ実施レポート> カミソリメーカー貝印とヒゲデザインのプロ集団『ヒゲ倶楽部』 ヒゲカルチャーに真剣に向き合う取組



◆デザインヒゲ願望のある男性約8割!生やし方・整え方の理解は至らず課題!

スマートシェービング倶楽部が5月に実施した『ヒゲと見た目の“得”“損”に関する意識調査』によると、男性の約8割が、「正しいヒゲの生やし方、整え方に興味がある」という回答となり、デザインのあるヒゲにチャレンジしたい願望があることが読み取れる結果となりました。

一方で、正しいヒゲの生やし方、整え方を知っているかといった質問に関しては、こちらも同じく約8割が「知らない」という回答となり、デザインヒゲを生やしたいという思いの反面、実際に生やし方や整え方を知らず、ヒゲとの上手な付き合い方に悩んでいるのではないかといった現状を読み取れる結果となっております。

ヒゲを生やしたい・整えたい願望がある男性が、その方法を知らないために断念してしまうことは、非常に残念な現状であり、スマートシェービング倶楽部は、その現状を課題としてとらえ、今回イベントを企画致しました。

◆ヒゲデザインのプロ集団「ヒゲ倶楽部」と“活きる/使える”ヒゲ講座を企画!

男性のヒゲの生やし方、整え方を知りたい願望にこたえるイベントとして、「スマートシェービング倶楽部」は、6/30(月)19時30分よりカイハウス2F ビューティースタジオ/貝印本社内において、一般ビジネスマン10名に対し、「今すぐ“活きる/使える”ヒゲ講座」として、明日から仕事やプライベートにも役立ち使えるデザインヒゲ講座を実施致しました。

今回は、理髪師を中心としたヒゲのスタイリングやトータルケアに関する啓蒙活動を広く展開しているヒゲデザインのプロ集団「ヒゲ倶楽部」とカミソリメーカー貝印のコラボレーション企画として、リーダーである丸山尊人さんを特別講師として招き、ビジネスシーンで使えるデザインヒゲ作りを伝授して頂きました。


◆社会的にOKなデザインヒゲは、まず顎ヒゲから!立体感と横顔が決め手!

ビジネスシーン(社会的)に使えるヒゲは、相手に威圧感を与えないヒゲである」と語る特別講師の丸山氏によると、“顎ヒゲ”のように顔の中心から少し離したところにヒゲを残すことで、優しいイメージになりやすいといった効果があるそうです。

また、ヒゲデザインのコツは、“立体感”をもたせること。人間の一番顔の高い部分を濃くするようにハサミでカットすることで、立体的な印象が生まれ、顔周りをシャープに見せる効果もあるということでした。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング