ハワイ州観光局の支援の下、「ハワイ島イブニングシャトル」運行開始

PR TIMES / 2018年4月3日 12時1分

2018年4月1日からハワイ島コハラコーストで、旅行会社7社で共同運行

ハワイ州観光局(所在地:東京都千代田区 局長:エリック高畑)は、2018年4月1日からハワイ島コハラコーストで、旅行会社7社が共同運行する「ハワイ島イブニングシャトル」をハワイ観光局とコハラコースト・アソシエーションと共に支援し、運行を開始したことを発表しました。
ハワイ島イブニングシャトルは、参画する旅行会社7社を利用されたお客様のみを対象とし、マウナケビーチホテルとクイーンズマーケットプレイスの間を15時から22時半までの時間帯、1日3本で結ぶシャトルバスです。また同シャトルバスは、今後各社パッケージツアー商品にも組み込まれる予定です。



[画像1: https://prtimes.jp/i/9504/58/resize/d9504-58-569124-1.jpg ]

本取り組みは、日本旅行業協会(JATA)のハワイ分科会にて議案があがり、旅行会社7社が参画し、実現しました。このように、旅行会社が共同でシャトルバスを運行するのは、ハワイ初の取り組みです。
「ハワイ島イブニングシャトル」に参画する旅行会社7社は、ANAセールス、H.I.S.、近畿日本ツーリスト、JALパック、JTB、東武トップツアーズ、日本旅行(五十音順)です。

「ハワイ島イブニングシャトル」の運行に際し、2018年3月30日、参画する旅行会社および関係者が、イブニングシャトルが結ぶ6つのホテル、3つのショッピングモールの各停留所において、クムフラのナニ・リム・イップ氏によるハワイ伝統のブレッシングを行い、運行の安全を祈願しました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/9504/58/resize/d9504-58-931146-2.jpg ]


運行を祈願して行われたレセプションパーティーでは、ハワイ・ツーリズム・オーソリティのプレジデント&CEO ジョージ・シゲティ氏、ハワイ島観光局局長ロス・バーチ氏、各ホテルおよびショッピングモールのジェネラルマネジャーなど60名もの関係者が集結しました。
ハワイ島観光局局長ロス・バーチ氏は、次のように述べています。「日本の旅行会社7社の皆様のご協力により、この度イブニングシャトルを運行頂けることに大変感謝しております。ハワイ島コハラコーストを代表してお礼を申し上げます。」
[画像3: https://prtimes.jp/i/9504/58/resize/d9504-58-371852-4.jpg ]

ハワイ州観光局局長のエリック高畑は次のように述べています。「この度運行開始しましたイブニングシャトルは、ハワイ島コハラコーストのみではありますが、旅行会社が共同で運行するという初の試みは、今後ハワイ島の他のエリアをはじめ、他の島でも同様にシャトルバスの運行を望む声がでております。今後も観光客の皆様に、安全で、利便性の高いサービスを提供させていただくためにも、JATAハワイ分科会や各旅行会社と共に実現に向けて取り組んでいきたいと思っております。」



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング