920MHz帯「Sub-GHz」搭載で長距離通信に対応した SubGiga to RS-232C変換アダプターを発売

PR TIMES / 2018年7月5日 17時1分

ラトックシステム株式会社(本社:大阪府大阪市浪速区、代表取締役:岡村周善、以下ラトックシステム)は、SubGiga通信を利用した新しいシリアル(RS-232C)変換アダプター「RS-SG61」を、本日、2018年7月5日より出荷開始いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/23921/58/resize/d23921-58-256416-0.jpg ]


[表: https://prtimes.jp/data/corp/23921/table/58_1.jpg ]



RS-SG61は、シリアル機器に接続するデバイスアダプター、USBドングルで構成された新しいRS-232C変換アダプターです。
WindowsPCのUSBポートに専用ドングルを、RS-232C機器にデバイスを接続することで、シリアルデータをワイヤレスで通信できます。 測量機や電子天秤に接続すれば、ケーブルの長さや配線を気にすることなくデータ通信をおこなうことが可能です。
[画像2: https://prtimes.jp/i/23921/58/resize/d23921-58-824995-1.jpg ]


障害物への回折性に強く、安定した通信に対応する「SubGiga」搭載
RS-SG61は、920MHz帯無線通信「SubGiga」を搭載し、シリアル通信をおこなっています。SubGigaは電波干渉が少なく安定した通信が可能です。


SubGiga帯域は、BLEやWiFiなどで使用されているISM帯(2.4GHz帯)と比較し、障害物の回折性能に優れ長距離伝送にも対応するため、無有線ケーブルでの配線が難しい位置などにあるシリアル通信機器に接続することで効果を発揮します。
※SubGiga帯通信は、約250mの無線通信が可能です。


[画像3: https://prtimes.jp/i/23921/58/resize/d23921-58-337863-2.jpg ]


セットアップすればPCのCOMポートとしてすぐに使用が可能
WindowsPCへ本製品の専用ドライバをインストールすることで、WindowsPCのCOMポートとしてすぐに使用することが可能。セットアップ後は、COMポートに対応する、ほとんどの既存アプリケーションがそのままご使用いただけます。
RS-232CポートをもたないPCでもRS-232C機器が使用でき、測量機、バーコードスキャナー、磁気カードリーダーなどを接続できます。

本製品の外形寸法は、約75.4mm(L)×26.0mm(W)×16.0mm(H)(突起部を含まず)
重量は デバイスアダプター:約25g、USBドングル:約10g


特徴一覧


RS-232C機器をワイヤレスで接続
WindowsPCのCOMデバイスとして認識可能
ACアダプターまたはRS-232C機器からの電源供給に対応
RS-232C機器への電源供給も可能
通信状態がよくわかる通信モニターLED
DIPスイッチ搭載
専用アプリケーション添付
通信サンプルアプリケーション添付
有害10物質不使用


関連URL
「RS-SG61」 製品情報
http://www.ratocsystems.com/products/subpage/sg61.html

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング